個性生かしたウエディング

6月はジューンブライドの季節で、挙式の多いシーズン。最近の結婚式のスタイルは、家族や親族、親しい友人のみのアットホームへと変化しています。地元のホテルでのウエディングは、近くて参列しやすく、さまざまな要望に対応する細やか […]

6月はジューンブライドの季節で、挙式の多いシーズン。最近の結婚式のスタイルは、家族や親族、親しい友人のみのアットホームへと変化しています。地元のホテルでのウエディングは、近くて参列しやすく、さまざまな要望に対応する細やかなサービスが魅力です。町田市、相模原市内の3つのホテルの最新事情を紹介します。

〝ギフト婚〞でサプライズ

スタンダードから“ギフト婚”までさまざまなニーズに応えます

 

料飲マネジャーの高林宏治さん

小田急ホテルセンチュリー相模大野相模大野駅ビル上電042・767・1111

駅上というアクセスの良さから、両家顔合わせ等での利用も多い同ホテルでは、今どきのニーズに合わせ、ギフト婚を企画。忙しさや経済的問題を理由に結婚式を挙げていない家族や友人に、式やパーティーをサプライズプレゼントする
内容です。夫から妻、子供から両親へ。「お姑さんから、お嫁さんへというケースもありました」とも。結婚式、披露宴に15年以上関わった経験から「式や披露宴は挙げれば必ずやってよかったと思える素晴らしいもの」と話します。1人8000円で30人からのパックをベースに、さまざまな要望に応えることが可能。

ワンフロアを貸し切りに

スカイチャペルのあるスカイガーデンを利用したパーティー

 

ウエディングマネージャーの松﨑勝美さん

ベストウェスタンレンブラントホテル東京町田原町田中央通り電042・724・3121

地元愛にあふれた、年齢層が高めの〝子連れパパママ婚〞が多いようです。ホテル上層階のワンフロアにスカイチャペルと披露宴会場があり、貸し切り状態で過ごせます。子供用衣装の用意や、会場にキッズスペースを設けることも。ホテルへ
のアクセスがよく、ホテル内での移動も少ないと高齢の参列者からも喜ばれています。料理にこだわり、昨年からはフランス料理と日本料理のミックスも提供。要望にあわせて寿司や丼物も。ブライダル相談会「まだ間に合う!7月の結婚式」を毎日開催中。7月挙式限定の少人数ウエディングプランは6人分で39万円から。

思い出に残る披露宴を企画

ステンドグラスの光が入るおごそかな雰囲気のチャペルにはオルガンも設置

 

ブライダルプランナーの小杉晃一さん

ホテルラポール千寿閣JR町田駅南口側電042・749・1121

アットホームな少人数ウエディングが多く、思い出に残るウエディングになるように1組ずつ披露宴をコーディネート。ホテル自慢のメニューに2人の思い出の料理や出身地の食材を盛り込む等、細やかに対応します。結婚して10年目に式を挙げたケースでは、お色直
し後にゲストがそろいのTシャツを着て2人を迎えて盛り上げたというエピソードも。緑に囲まれた独立型チャペルの挙式が特徴ですが、和装が見直され神前式も増えています。「節目ごとのイベントで末永く利用いただく相談も」。3カ月に1度の「プレミアム・ブライダルフェア」は、8月開催予定。

お問い合わせ