地域に愛され23年 プロペ通りに拡大移転リニューアル

東証1部上場の「一蔵」が所沢の地に根付いて23年。「日本文化をもっと身近に」と所沢で開校した着方教室「いち瑠」が10周年を迎え、今秋、拡大移転リニューアルオープンしました。

着方教室 所沢本校「いち瑠」

東証1部上場の「一蔵」が所沢の地に根付いて23年。「日本文化をもっと身近に」と所沢で開校した着方教室「いち瑠」が10周年を迎え、今秋、拡大移転リニューアルオープンしました。

森田講師の初級クラスの様子。レッスンは週1回全10回で、受講料は5400円。授業で使う着物や帯などは無料でレンタルでき、忙しい時は「振替レッスン」も可能です

駅近、広々の教室に変身

 10周年を迎え〝更なる進化〞を目指す着方教室「いち瑠」。所沢駅西口徒歩3分、プロペ通り「いせきビル3階」に移転リニューアルし、より利用しやすくなりました。
 「いち瑠」は呉服・振袖等の販売・レンタル、写真館を備えた総合サービスの「一蔵」が運営する着方教室。新店舗の扉を開けると、左手は呉服、振袖、帯、草履などが華やかに並んでいます。右手は教室の入り口で、大きな鏡が備えられた広々とした4つの教室があり、棚にはレッスン用の着物や帯などが並んでいます。

社会人のたしなみに母娘で受講も


教室前の高級感あふれる広いロビー

受講生は18歳〜70代と幅広く、その目的も「タンスの中で眠っている着物を着たい」「教養を身に付けたい」「和文化に親しみたい」などさまざま。中には「娘に社会人のたしなみを」と母娘で通う人も珍しくありません。
 所沢校の講師、森田みゆきさんは「着方を身に付けていただくのはもちろんですが〝お出かけレッスン〞で実践を積んで自信をつけていただき、礼節も自然に身に付くように工夫しています」と話します。着物を着ると、背筋も伸びて凛とした高貴なイメージに変化。「みなさん、卒業時には立ち振る舞いも美しくなり若々しく変身します」

受講生から高評価


屋形船へ「お出かけレッスン」の様子。ほか、観劇やホテルのランチ会などでも実践練習します

 まもなく初級を卒業する受講生に感想を聞くと「できるようになるまで何度も繰り返し教えてくれました」「着物を購入する必要がないので安心して学べました」「着物のTPOや手入れ方法なども教えてもらいました」など満足の様子。
 同校の初級クラスは受講料がリーズナブルで手ぶらで通え、振替レッスンが可能な「はじめやすく、続けやすい」制度。現在10月生を受け付け中で、今から始めると、今年の冬には着物デビューができるそうです。詳細は、同校(04・2929・5330)へ。

お問い合わせ