ゆずのシーズン到来! 毛呂山町の「桂木ゆず」を味わう

ゆずの木を眺めて散策!
12月8、9日は「滝ノ入ゆず祭り」

 収穫シーズンを迎える〝ゆず〞。湯豆腐や吸い物などにゆずの皮を添えて香りを楽しんだり、冬至の時にゆず湯に入ったり味わい方も色々。埼玉県毛呂山町では、ゆずの爽やかな香りを感じながら散歩も楽しめます

豊かな香りの「桂木ゆず」

ギフトにも喜ばれる豊かな香り「桂木ゆず」

埼玉県毛呂山町のゆず栽培の歴史は古く、奈良時代から栽培していたと伝えられていることから日本最古の生産地とも言われています。そして「桂木ゆず」ブランドとして高い品質を誇っています。
現在、ゆず生産農家は約50件。農家の高齢化が進む中、今年、初めて収穫作業を手伝う「ゆずボランティア」を集ったところ、他市に渡って150人を超える想像以上の応募があったそうです。

「桂木ゆず」の特徴は、大きな実で香り高く、肉厚、表面がゴツゴツとしています。ゆず入り麺や毛呂山産柚子100%で仕上げたワイン、ジャムやジュース、スイーツなど加工品の生産にも積極的に取り組んでいて、地域の特産品として注目されています。町内には、珍しいゆずグルメを味わえる店も数多くあります。

ゆずの木々が続き、たくさんの実を付けています

ゆずの木を眺めて散策も

この時期は、黄色く色づいたゆずの木々を眺めながら「ゆずの散歩道」を歩くのもお勧め。東武越生線・東毛呂駅または、JR・毛呂駅からスタートする8・8㌔のコース。ゆずの木が続き、自然に囲まれたタブノキ林の山道、桂木展望台からは、晴れた日は東京スカイツリーまで見張らせるほどの絶景。夜景も楽しめます(数台分の駐車場あり)。

桂木展望台から望める美しい景色

12月8、9日「滝ノ入ゆず祭り」

毎年好評の「滝ノ入ゆず祭り」。桂木ゆずやゆず味噌などを購入できます

「滝ノ入ゆず祭り」が、12月8、9日午前9時〜午後3時、滝ノ入集会所で開かれます(なくなり次第終了)。桂木ゆずをはじめ、ゆず味噌、ゆずジャムなどが多数並びます。毎年、この時期を楽しみにしている常連客もいます。

【問い合わせ】
毛呂山町役場

電話/049-295-2112

【滝ノ入ゆず祭り】
滝ノ入集会所

住所/入間郡毛呂山町滝ノ入295

お問い合わせ