大掃除の前にコレだけはやっておきたい「片付けの下ごしらえ」

片づけは楽しみながら♪
8秒4分割のポイント付

 もうすぐ12 月。年末の大掃除の前に、今からできる「片付けの下ごしらえ」をしませんか。
すっきり片付いた新年を迎えるために、収納アドバイザーの天野真千子さんが教えてくれます。

天野真千子さん

片付ける際、最も重要なのが分類です。「いるもの」「いらないもの」「保管場所を変える」「保留」の4つに分類しましょう。判断に掛ける時間は8秒が目安。「とにかくどんどん、分けていくことです」と天野さん。そのコツは「まずは小さな引き出しなどから」。部屋全体など大きなスペースではなく、できるところから始めて達成感を味わうことが大切だそうです。

クローゼットは7割に-捨てすぎは注意

片付けは誰かと楽しみながら

衣服の掛け方の基本は長いもの(コート、ワンピース類)、短いもの(シャツ、スカート類)を分けること。着る頻度の高いものを右に、低いものを左に分けておくと、処分もしやすくなります。また、捨てすぎると同じものを再び買ってしまうことがあります。これを「リバウンド」と天野さんは呼んでいます。「ダイエットでも急激な減量は続かず、元の体重に戻ってしまうことがあります。片付けも同じ。程よいペースが肝心です」。

見せる収納ではなく、心地よさを目指して

クローゼット内の衣服は長さをそろえて

天野さんによれば、うまく片付けられない人は心にモヤモヤがあることも多いとか。「まずは疲れを取り、心のスペースを作って。片付けるのはそれからでも良いのでは。人に見せるための収納ではなく、自分が心地よくなる空間になればいいのですから」。
片付けを終えた後は爽快感が生まれます。スポーツするような感覚で楽しみながらやってみませんか。

8秒4分割のポイント

①いるもの
「いるもの」に分類したものは、使う用途によってひとまとめに。例えば、切手はペン、便箋・封筒などと一緒に保管すれば、手紙を書く時あれこれ探さずに済みます。


②いらないもの
子どもの作品など、思い出の品は写真を撮って残し、現物は処分してみては。思い出は消えず、新たな収納スペースが生まれます。大型品など、捨て方がわからない場合は市へ確認しましょう。


③保管場所を変える
毎日使うものなのに目線より高い位置、膝より下の引き出しなどに置いていませんか?収納の一等地は“腰から目の高さ”くらいまで。頻繁に使うものは、なるべく一等地に移動させましょう


④保留
所有者や使用目的がよくわからず、とりあえず「保留」した品はひとまとめにし、中身が見えるように。期限日を設けて、その日がきたら捨てましょう。期限をつけて“見える化”するのがコツです

天野真千子さん
八王子市で整理・収納グループ「ジーナ」で活動するほか片付けのプロとして多くの人から依頼を受けている。
電話/080-6647-5570

お問い合わせ