11月4日 世界トップレベルの選手たちがさいたま新都心を駆け抜ける!「さいたまクリテリウム」

11月4日さいたま新都心駅周辺で、世界最高峰のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」の名を冠し「J:COMPresents2018ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が開催。 ⒸYuzuru SUNADA

世界最高峰のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」の名を冠した自転車競技イベント「J:COMPresents2018ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が11月4日、さいたま新都心駅周辺で開催されます。

疾走感あふれる走りを間近で体感

ⒸYuzuru SUNADA

「クリテリウム」とは、市街地などに設定された距離の短い周回コースを何周も走行する形式のロードレース。周回レースのため、ハイスピードで疾走するシーンを何度も見られることが魅力。直線路でのスピード、コーナーで見せるテクニックと加速力、ゴールに備えて位置取りのための駆け引き、ゴールスプリントの迫力などが間近で体感できます。

さいたま新都心駅至近に特設コース

6回目となる今年は、前大会と同じコースレイアウトで、さいたま新都心駅至近の特設コースを、世界トップレベルの選手たちが駆け抜けます。

「チームタイムトライアルレース」は、1チーム3人からなるチーム戦ならではの駆け引きが見どころ。「個人タイムトライアルレース」には、初開催した予選会を勝ち上がったアマチュア選手の参加が決定しました。「スプリントレース」は、約3㌔㍍のコースのうちスタート地点からパレード走行を行い、残り約1㌔㍍付近から実際のレースが開始。国内外のスプリンターが繰り広げる白熱したレースが期待できます。

また、ツール・ド・フランス総合優勝などの数々の戦績を残し、2017年に引退した元プロロードレーサーのアルベルト・コンタドール氏がアンバサダーとして参加し、大会を盛り上げます。

ⒸYuzuru SUNADA

当日の主なスケジュール

12:00~ オープニングセレモニー・オープニング走行
12:50~ スプリントレース予選
13:30~ タイムトライアルレース(チーム・個人)
14:15~ スプリントレース決勝
14:55~ クリテリウムメインレース※
16:30~ 表彰式
※全選手(女子・男子ジュニア・パラサイクリング、アマチュア選手を除く)が出場する最もエキサイティングなレース

なお、レースはコース沿い車道に特設の一般観覧エリアで観覧できるほか、パブリックビューイングポイントも用意しています。
また、11月3日午後1時15分から会場内メインステージで開催の、大会前日イベントを一般公開(観覧はオフィシャルサポーターズヴィレッジ内)。大会出場選手が登場するほか、先月発表されたばかりの「ツール・ド・フランス2019」のコース紹介や、海外招へい選手たちが、和太鼓や野球といった日本文化・スポーツを体験します。

問い合わせ
さいたまクリテリウム実行委員会
電話/048-829-1736
詳細は大会公式サイトで確認を
お問い合わせ トップに戻る