【さいたま市・与野駅】老若男女が集う古民家カフェ「おにぎりかふぇ こんどうさんち」

与野駅から徒歩約7分。古民家をほぼ手作りで改装した「おにぎりかふぇ こんどうさんち」、老若男女に愛される理由を取材しました。

与野駅から徒歩約7分。

古民家をほぼ手作りで改装した「おにぎりかふぇ こんどうさんち」は、メニューが完売となる日もあるほど、地域の人でにぎわっています。

「お客さんとの会話など、お店が本当に楽しい」と話す、近藤さんと松澤さん

赤ちゃんや子供連れのお母さん、お年寄り、学生、単身赴任者…と、さまざまな人が訪れる同店。

近藤ひろみさんと近藤さんの経営するクリーニング店の客だった松澤れい子さんが、近藤さんの自宅の一部を利用し6月に開店。

祝日を除く月・火曜の午前11時半〜午後3時に営業しています。


靴を脱いで玄関を上がると調理が行われる奥の台所、ピアノや大きなカレンダーなど、実際に使われていた家ならではの生活感があり、安らげる空間が迎えてくれます。


メニューは、おにぎり2つ・惣菜・みそ汁・漬け物で500円。

取材の日のメニュー


単身者は、子供が走り回るにぎやかな昼を過ごし、食べきれないおにぎりは持って帰ってもらったり、体調の悪い学生には「食べたら横になっていいよ」といった会話が生まれたりと、地域の温かなつながりを大切にしています。

「今後も楽しく続けていければ」と笑顔で話すお2人。


飲食以外にも、子供を対象とした造形教室や、大人が楽しめるイベントなどに幅広く活用されています。

おにぎりかふぇ こんどうさんち
住所/さいたま市浦和区針ヶ谷2の10の5
電話/048-833-1924
営業/月・火の11:30~15:00(祝日は除く)
お問い合わせ トップに戻る