【埼玉・東京】大切な人とハッピーバレンタイン!ディナーやプレゼント、イベント情報6選

2月 14 日はバレンタインデー。素敵なひとときを過ごせるレストランやプレゼントに好適なスイーツを紹介します。|埼玉県川越市・埼玉県ふじみ野市・東京都港区

2月 14 日のバレンタインデーまであと少し。

素敵なひとときを過ごせるレストランやプレゼントに好適なスイーツを紹介します。

〈メッツァビレッジ〉バレンタインイベント!スペシャルメニューや限定チョコレート

北欧のライフスタイルを満喫できる「メッツァビレッジ」で、2月14日までバレンタインイベントを開催中です。


北欧最大のカフェ「ROBERT‘S COFFEE」では、期間限定でスペシャルメニューのホットチョコレート(スモール400円~)が楽しめるほか、120年以上の歴史を持つフィンランド最大の菓子メーカー「FAZER」にはメッツァ限定品チョコレート「FAZER Ge isha」(2,160円)を用意しています。

イメージ

また、2月9日、10日、14日には日本を代表するキャンドルアーティスト・CANDLE JUNEさんによる「バレンタイン・キャンドルナイト」を3日間限定開催。


たくさんのキャンドルの光につつまれた幻想的で特別な空間を演出します。点灯は午後5時〜8時予定。

メッツァビレッジ
住所/埼玉県飯能市宮沢327の6
電話/0570-001-630

イベント詳細はメッツァHPへ

〈ルミネ川越店〉バレンタインにぴったりな限定スイーツ!

ルミネ川越店のパステルでは、バレンタインの贈り物にぴったりな限定商品を多数そろえています。

◆パステル

人気のチョコプリンの上に濃厚なブラウニーをのせたバレンタイン限定商品「チョコブラウニ―プリン(518円)」。

チョコケーキに苺チョコレートをコーティング「“幸せの”ハートフルケーキ苺ショコラ(270円)」は、友チョコにもお勧めです。

ルミネ川越店
住所/埼玉県川越市脇田本町39の19

◆パステル
電話/049-240-6207

おしゃれな空間でゆったりと食事を〈Restaurant BALENA〉

Restaurant BALENAは、鶴ヶ島駅西口そばの路地裏に佇むレストラン。

外を望める開放的でモダンな空間が広がっていて特別な日にも好評です。


「ランチセット」は1,350円〜3,700円。

「ディナータイム」は、コース料理3,240円〜5,400円があり単品メニューも充実しています。

2階席はキャンドルが灯り大人の雰囲気が漂います。


中でも季節野菜をふんだんに使った「濃厚ソースと彩り新鮮野菜のバーニャカウダー(1,512円)」や、目の前でカットしてくれる生ハム、サラミとモルタデッラの盛り合わせはいち押し。

ジンジャーエールやベリー、ライムなど6種類の自家製果実のドリンクや手づくりスイーツも好評です。

Restaurant BALENANA(バレーナ)
住所/埼玉県川越市鯨井新田11
電話/049-272-7103

〈彩乃菓〉チョコレートの香りと食感を楽しむ和菓子

季節を映す和菓子が人気の「彩乃菓(AYANOKA)」で「生ショコラ大福(324円)」を販売中です。

チョコレート餡の中に生チョコが入った和菓子で、使用するのはカカオ80%のビターなクーベルチュールチョコレート。

なめらかな白餡をまぜた特製チョコレート餡の中心にいるのは、生クリームとチョコレートを合わせたガナッシュ仕立ての生チョコレート。

さらに、たっぷりのココアパウダーをまぶして完成。

チョコレートの濃厚な香りと食感を存分に楽しめる、ボンボンショコラをイメージした和菓子です。

彩乃菓(AYANOKA)
住所/埼玉県川越市連雀町10の1
電話/049-298-4430
定休/水曜日

〈お菓子工房LeBeurre〉アイシングクッキーに“想い”をのせて!

お菓子工房LeBeurreには、自然と笑顔になるようなカラフルでかわいいアイシングクッキーとオリジナルの「しっとりスコーン」が並んでいます。


店内は、バターの甘い香りに包まれていて生地から全て手づくり。

「安心して食べられるものを」と小麦粉とバター、卵、砂糖とシンプルな材料で焼き上げています。


そしてアイシングクッキーは、一つひとつ手描きしているので同じものが1つもないのも魅力。

季節によって絵柄も変わり、バレンタインの時期は、赤のチェック柄のハートと胸にハートの付いた「パンダちゃん(540円)」もお勧め。

オーダーメイドやキャラクターも受け付け。

誕生日や結婚式、卒業生に贈りたいなど大量発注にも対応しています。

お菓子工房LeBeurre(ル・ブゥール)
住所/埼玉県ふじみ野市駒林元町1の1の1
電話/049-257-4100

“秩父と川越”食材を使った特別ディナー〈ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ〉

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイの「イタリアンダイニング ジリオン(1階)」では、埼玉県産の食材をたっぷり使った期間限定メニューが登場しています。

「小江戸コース」2月28日まで

川越市出身、ジリオンの料理長・阿部洋平さんと秩父市でイタリアンレストラン「サルベージ」を営む坪内浩シェフが、西武 旅するレストラン「52席の至福」メニューを監修したことを記念し、2月14日午後7時〜9時、一夜限りのコラボレーションディナー「『秩父&川越』 埼玉県出身シェフによるイタリアンの饗宴」を開催します。


食材に川越農家のホウレンソウや養鶏場の卵、小江戸黒豚、鶴ヶ島のサフランなど埼玉のおいしさを贅沢に取り入れた特別メニューです。料金1万5,000円(先着30人)。


ほか2月28日まで、監修したメニュー内容を再現したディナーコース「小江戸コース(1万1,593円)」も堪能できます。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ
住所/東京都港区海岸1の16の2
電話/03-5404-7895
お問い合わせ トップに戻る