大相撲立川立飛場所・特撰落語会 大相撲立川立飛場所 特撰落語会

地域の情報

RSSRSS

6月30日に狭山市市民会館で開催 「特撰落語会」



(2018年05月18日)

三遊亭円楽林家たい平「笑点」で人気の二人がやってくる!

ショッパー社は、「特撰落語会」を、6月30日午後7時から、狭山市市民会館(狭山市入間川2の33の1。狭山市駅西口徒歩約8分)で開催します。狭山市市民会館、エイフル企画共催。長寿テレビ番組「笑点」で人気の2人が狭山にやってきます。

林家たい平
昭和39 年、埼玉県秩父市生まれ。武蔵野美術大学造形学部卒業後、林家こん平に入門。病気療養のために休演していた師匠・林家こん平の代役として、大喜利に出演。平成18 年5月21 日放送分から正式メンバーに昇格。平成26 年、一般社団法人落語協会 理事就任。

「生の落語を地元で気軽に楽しんでほしい」とショッパー社が主催する「特撰落語会」。今回は、テレビ番組「笑点」でもおなじみの落語家・三遊亭円楽と林家たい平の名人芸が楽しめます。人気と実力を兼ね備えた2人に、公演の見どころなどを聞きました(敬称略)。

―今回一緒に出演するお相手のことをどのような落語家と思われていますか?
円楽 元気で、力いっぱい、全力投球!落語初心者にファンになってもらうため、わかりやすさを追求している。正義の味方。まっすぐな男。だから時々暑苦しい。アハハ……。
たい平 笑点の中でもリーダー的存在であり、落語界のためにも走りまわってくれる頼れる師匠です!

三遊亭円楽
昭和25 年、東京・両国生まれ。青山学院在学中、師匠・五代目三遊亭圓楽の目に留まり、落語の世界に誘われ、前座修行をしながら同大学を卒業。入門時から将来を嘱望され、昭和52 年に、27 歳にして笑点の大喜利レギュラーメンバーに抜擢、そのキャラクターは今や大喜利に欠かすことのできない存在。

―会場「狭山」の印象または思い出は?
円楽 小さい頃は、多摩も村山も狭山湖もユネスコ村も同じエリアだと思っていました。下町生まれにはどうしても遠い印象でしたが、ゴルフをやるようになってからは、近いナァ……。
たい平 秩父生まれの私としては、お茶といえば狭山茶。きれいな色が出て、うまみがあって、おいしい。

―落語を生で体感する醍醐味、または来場者にメッセージを
円楽 同じ空気を一緒に吸って、同じ時間を思い出して、楽に笑いに来てください。落語は日本にしかない、日本人が作ったエコで、小宇宙のあるエンターテイメントです!
たい平 落語は一つも難しいものではありません。何もかも忘れて、ひとときお腹の底から笑ってください。笑い声の中に自分の身を置くこともとっても楽しいですよ。


チケット販売中
全席指定4000円で販売中。申し込みは、ショッパーチケットセンターで電話受け付け(電0570・007・677=平日午前10時〜午後5時。土曜は正午まで。日曜、祝日休み)、または24時間受け付けのWEB「ショッパー」から予約を。狭山市市民会館でもチケットを販売中。


地域の情報記事一覧

プレゼント情報

RSSRSS

現在募集中のプレゼント一覧