絢香Acoustic Live Tour 2017-2018 ~3STAR RAW~ コトノハ 絢香

ブラインドサッカーの国際親善試合 3月20日ノーマライゼーションカップ開催

大宮・さいたま
新都心版
東大宮・
宮原・日進
桶川・北本版上尾・伊奈版


障がいのあるなしに関わらず
誰もが共に暮らせる社会を

障がいのある人もない人も一緒に楽しめるユニバーサルスポーツ「ブラインドサッカー」。全国に先駆けてノーマライゼーションの地域社会づくりを目指してきたさいたま市では、そのシンボルイベントとしてブラインドサッカーの国際親善試合を開催。5回目となる今年は、世界王者・ブラジル代表との対戦です。

世界レベルの迫力あるプレーが楽しめます


2011年に政令指定都市として初めて障がい者差別を禁止したノーマライゼーション条例を制定したさいたま市は、「障がいの有無に関わらず誰もが共に暮らせる社会=ノーマライゼーション社会」の実現を目指し、さまざまな取り組みを行ってきました。

見える人見えない人が共に戦い、共に喜びます(写真は平成26年度対コロンビア戦)

ブラインドサッカーは、アイマスクを着用した4人のフィールドプレーヤーと、目が見えるゴールキーパーによる5人制のサッカーです。フィールドプレーヤーはボールから聞こえる鈴の音やゴールキーパー、監督、ゴール裏からゴールの場所を伝えるコーラーといった「見える人」の指示を聞き想像力を駆使してプレー。見える人の声と見えない人のプレーが合わさって初めてひとつのゴールが生まれる「ブラインドサッカー」と「ノーマライゼーションのまちさいたま」がタッグを組んだことにより誕生したのが「さいたま市ノーマライゼーションカップ」です。

ブラインドサッカー国際親善試合日本代表対ブラジル代表「さいたま市ノーマライゼーションカップ」は3月20日、フットメッセ大宮(さいたま市北区櫛引町2の574の1。イオン大宮店立体駐車場棟屋上フロア)で開催。ブラジル代表は世界ランク1位、リオ・パラリンピックで大会4連覇を達成した“世界王者”。迎え撃つ日本代表は世界ランク7位。2015年11月に就任した高田敏志監督が取り組んできた攻撃的なプレーで世界最強国にどんな戦いを見せるのか、期待が高まります。

会場ではブラインドサッカーの体験会も


当日は午前11時半開場、午後2時キックオフ。入場無料、入退場自由(安全確保のため、入場を制限する場合もあり)。小雨決行、荒天の場合は中止。会場ではブラインドサッカー体験会、キッズチアパフォーマンス、ノーマライゼーション条例啓発ブース、各種展示などイベントも。問い合わせはさいたま市障害政策課(電048・829・1306。ファクス048・829・1981)へ。


投稿日:2017年3月17日