ショパチケのネットワークが広がりました!

人が集まる場所を創る 相武台団地商店街グリーンラウンジ・プロジェクト

町田・相模原版


団地再生を目指す

1960~70年代に建設された団地は老朽化と少子高齢化が進み、団地商店街は換算としているのが現状。新たな魅力やコミュニティーの創造に向け、団地の建て替えや活性化の取り組みを積極的に始めています。シッター街化が進む団地商店街の空き店舗をリノベーションする「商店街からはじまる地域活性化プロジェクト」により、人が集まる場をつくり、再生を目指す団地があります。

相武台小学校の児童が春休みを利用し子供店員としてひばりカフェで職場体験

神奈川県住宅供給公社は、2015年から相模原市南区、相武台団地商店街グリーンラウンジ・プロジェクトに取り組んできました。東京ドーム7個分の敷地に93棟約2500戸の住宅を有する同団地内の商店街の空き店舗を活用しながら、地域を豊かで楽しくする参画者を募集しました。

第1期は、専業主婦が起業した地域密着型のカルチャーカフェひばりカフェ(電046・404・0540)が、一昨年にオープン。ドッグカフェも併設しています。ランチの人気メニューはポークカレーとナポリタンで、サラダ、コーヒー付き各850円。キッシュセット750円等も。午前9~11時のモーニングは500円。夜はビール等のアルコールも用意。

同店舗の2階は絵画やヨガ、パソコン等のカルチャースクールを行う空間です。1階では、定期的にライブイベントも開催し、4月はジャズ。

第2期は、子育て世代の団地への流入を促すため、学童保育施設のSRC児童クラブそらまめ(電046・207・6676)が4月に開設。下校時~午後6時半、施設内でリラックスして過ごせるように配慮し、おやつタイムや読書、自由時間を作ります。

SRC児童クラブそらまめは子供の自主性を大切に経験ある指導員が見守ります

小学生が対象で、会費は週3日で1万2420円、週5日で1万9440円。入会キャンペーンとして追加料金なしで、SRC体操クラブで体操レッスンを受講できます。

第3期には、子供向け食品、食育食器やカトラリー等を販売する店と、エステサロン・レンタルサロンの2店舗が登場。また、共用部の商店街前広場では、5月14日午前10時~午後4時に「欅ハワイアンフェスタ」が開かれます。地域で活動する作家やダンサーと、商店街が一体となった、イベントです。クラフト作家の作品販売や体験コーナーをはじめ、ステージではバンド演奏、フラダンスやタヒチアンダンスが行われます。クレープやパイ、唐揚げ、わらび餅等の屋台も出店します。


投稿日:2017年4月21日

お問い合わせ