女性のためのマネーセミナー ショパチケのネットワークが広がりました!

子育てを楽しく! おひるねアート

八王子中央版八王子北版八王子南版八王子西・高尾版


日々成長していく赤ちゃん。かわいい姿を残そうと写真をたくさん撮っている人も多いのではないでしょうか。楽しみながら子育てをするために、おひるねアートを楽しんでいるママが増えています。

こいのぼり


教えてくれたのは、八王子おひるねアート教室ほのぼのハウス(八王子市子安町1の27。電090・9248・9623)のあさみさん。

まず、背景にする大きな布はピンと張り、赤ちゃんが動いてもずれないようにするのがポイント。布団の上がお薦めです。

① 布を丸く置けば風船に


寝ている赤ちゃんの周りに、タオルやシーツ、カーテンやじゅうたん、毛布、靴下など家にあるものを置き、海や山の形を作ってみましょう。一番簡単なのは、布を丸めて風船の形にし、風船と赤ちゃんの手をつなぐようにひもを置くだけでかわいい写真になります(写真①)。


飛び出す絵本


「赤ちゃんはどんな顔もかわいいので寝ている写真だけではなく、笑顔や泣いてる顔など、どんな表情でも記念になりますよ。家にあるものを使って簡単にできますからぜひ挑戦してほしいです」とあさみさん。

② 小林郁玖海(いくみ)ちゃん


写真②は昨年12月からおひるねアートに夢中の小林由美さんの作品。「かわいい時期に写真をいっぱい残しておきたい。毎月撮影して来年のカレンダーを作っています。3人目の子なのですが上の子の時にもおひるねアートを知っていればやりたかったです。写真をバッチにして、おばあちゃんにあげたらとても喜ばれました」と話してくれました。

出産の記念に新生児フォト


投稿日:2017年4月21日