女性のためのマネーセミナー ショパチケのネットワークが広がりました!

地元の施設で楽しく学ぼう夏休みの自由研究を応援!

大宮・さいたま
新都心版
東大宮・
宮原・日進
桶川・北本版上尾・伊奈版


楽しい夏休み。自由研究のテーマは決まりましたか?
子どもはもちろん大人も楽しめる、地元の施設を紹介します。

★埼玉県立歴史と民俗の博物館
(さいたま市大宮区高鼻町4の219。電048・645・8171)

小学生対象にゆめ・体験ひろば「夏休み自由研究教室」を開催中です。保護者見学可。体験をした人には、自由研究に役立つヒントがいっぱいの「自由研究テキスト」を進呈。配布期間は8月31日まで。

次のイベント開催日には、学芸員からより詳しいことも教えてもらえます。①「まが玉作り」から学ぶ埼玉の古代の歴史=25日。参加費250円(まが玉材料費)②「藍染ハンカチ作り」から学ぶ埼玉と藍染のかかわり=22日。参加費200円(藍染ハンカチ材料代)③「昔の道具体験」から学ぶ電気・ガス・水道がなかったころのくらし=29日。無料④「歴史時代衣装」から学ぶ日本と世界とのつながりの歴史=写真。24日。無料。

いずれも午前の部が10時~11時半(受付9時半から)、午後の部が2時~3時半(受付1時半から)。定員各12人。当日受付先着順。① ②と③の一部は開館日は毎日体験可。④は一部着装体験可、写真撮影可。行き帰りは保護者同伴を。月曜休館。


★桜環境センター
(さいたま市桜区新開4の2の1。電048・710・5345)

8月26日まで、小学生と保護者を対象に「夏休み環境サマースクール」を開催中です。

楽しく環境について学べる講座を用意(写真は自然観察の様子)。8月6日「紙芝居で環境を学ぶ」、8日「下水処理のしくみを学ぶ―汚れた水はどうやってきれいになるの?」、9日「自然観察と自由研究のテーマを考える」、10日「木と森のはなしを聞く」、22日「ガス管でリサイクル万華鏡をつくる」、23日「一閑張りでザルやカゴを再生する」、24日「古布で小物をつくる」、26日「チラシで折り紙傘をつくる」。

時間は午前10時~正午(6日午後1時半~2時半、9日午前9時半~3時)。8、9、10、22日は市内小学5・6年生対象、定員先着15人(9、10日は親子15組)。要事前申し込み。23、24、26日は材料費300円程度。

ほか環境教育拠点施設のパネル展示も同時開催。さいたま市内のリサイクル施設など19拠点をパネルで紹介しています。


★彩の国くらしプラザ
(=埼玉県生活科学センター。川口市上青木3の12の18。SKIPシティA1街区2階。電048・261・0993)

「消費生活」について楽しみながら学べる参加体験型施設(写真)。9月3日まで子ども向けの夏休みイベントを開催しています。

イベントゾーン「くらっしーマーケット」の「お買いもの体験」では「1000円以内でカレーの材料を買ってみよう」などさまざまなテーマで買い物を体験しセルフレジで会計をして予算内で買い物ができたら同館案内キャラクター「くらっしー」のグッズがもらえます。午前9時半~午後5時(受け付け4時45分まで)。

映像を見ながらくらっしーと会話したりクイズに答えて暮らしの身近な問題について考えていく「くらっしーシアター」では午後1時、4時が夏休みらしいテーマでの上映に(2時半の回は通常プログラム)。ほか、「プライベートブランド商品とナショナルブランド商品の違いについて」や「ユニバーサルデザインについて」を学べる自由研究コーナー、自由研究に役立つ本を集めたコーナーもあります。

開館午前9時半~午後5時(入場4時半まで)、月曜休館。


投稿日:2017年8月4日