女性のためのマネーセミナー ショパチケのネットワークが広がりました!

第21回 ひのアートフェスティバル 8月19日、20日仲田の森蚕糸公園で開催

日野版


毎年8月に仲田の森蚕糸公園(日野市日野本町6)で開催されている「ひのアートフェスティバル」。例年5000人以上の人が訪れています。アート作品の展示や手作りワークショップ、野外ステージなど、子供も大人も楽しめるイベントです。

今年6月、国登録有形文化財に登録された、通称“桑ハウス”の内外に作品が飾られます(写真は昨年)


同フェスティバルは、自分たちが生活する身近なところを拠点に、アートに触れて、楽しみ、育てようというコンセプトから日野市民が中心となり始まりました。会場は、蚕糸試験場の跡地で、小鳥がさえずり、セミが鳴く、緑あふれる公園です。

作品の展示場になっている古い建物、旧農林省蚕糸試験場日野桑園第一蚕室、通称「桑ハウス」は昭和7年に建てられたもので、今年6月に、国登録有形文化財に登録されました。イベント期間中、同ハウスの内外には「レインボーProject」と題し、市内中学校の美術部・イラストデザイン部の作品や市民の人たちが協力して作ったアクリルのステンドグラス、ビニール傘アートが飾られ、虹色に彩られます。

段ボールの積み木で何を作ろう


また毎年素晴らしい作品が出来上がると評判の氷の彫刻は20日午後1時から。何ができるかはお楽しみです。作り始めてから1時間ほどで完成しますが、解けてしまうのでお早めに。制作過程も必見です。

環境に配慮した祭

氷の彫刻。昨年の作品は「バショウカジキ」。今年は何かな


フードコーナーにはさまざまな国の料理が並び、食欲をそそります。会場内ではリユース食器の使用、参加者にはマイ箸、マイ食器持参を呼び掛け、ゴミの減量や持ち帰りを通して、自然環境の保全・保護の啓発活動も行っています。

「アートというと敷居が高く感じてしまうかもしれませんが、ひのアートフェスティバルは市民で作る手作りのお祭りです。お気軽にご来場ください」と同実行委員会のスタッフ。

問い合わせは日野市中央公民館(電042・581・7580)へ。


投稿日:2017年8月4日

カテゴリ: 地域の情報,日野版