女性のためのマネーセミナー ショパチケのネットワークが広がりました!

さいたまクリテリウム

大宮・さいたま
新都心版
東大宮・
宮原・日進
桶川・北本版上尾・伊奈版


世界トップレベルの選手たちがさいたま新都心を駆け抜ける!11月4日J:COMpresents2017ツール・ド・フランス

“非日常”のスピード感と迫力を間近で体験できます(2016年ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム)

世界最高峰のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」の名を冠した自転車競技イベント「J:COMpresents2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が11月4日、さいたま新都心駅周辺で開催されます。

「クリテリウム」とは、市街地などに設定された距離の短い周回コースを何周も走行する形式のロードレース。5回目となる今年はさいたま新都心駅東エリアに新設される道路を利用し、2年ぶりにコースレイアウトを刷新。スタートおよびフィニッシュ地点が西口から東口に変わり、フィニッシュ直前は約300㍍の直線となり、より白熱したゴールスプリントが楽しめます。

今年初開催の2つの新競技にも注目。「チームタイムトライアルレース」は、1チーム3人からなるチーム戦ならではの駆け引きが見どころ。「スプリントレース」は約3㌔㍍のコースのうちスタート地点からパレード走行を行い、残り約1㌔㍍付近から実際のレースが開始。国内外のスプリンターが繰り広げる白熱したレースが期待できます。

当日の主なスケジュールは正午からオープニングセレモニー・オープニング走行、午後1時からスプリントレース予選、午後1時40分からタイムトライアルレース、午後2時20分からスプリントレース決勝、午後3時から全選手(女子・男子ジュニア・パラサイクリングの選手を除く)が出場する最もエキサイティングなクリテリウムメインレース。4時半から表彰式。なおレースはコース沿い車道に特設の一般観覧エリアで観覧できるほか、パブリックビューイングポイントも用意しています。

期間限定カフェや大会前日イベントの一般公開も

「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムカフェ」が11月4日まで(一部店舗は11月5日まで)の期間限定でオープン。「PRONTさいたま新都心ビル店」「ワールドピッツェリアコバトン*カフェ」などさいたま市を中心とした飲食店が協力し、店舗ごとにオリジナルメニュー、大会オフィシャルグッズ、コラボグッズの販売や、ジャージなどの展示、大会関連装飾物の設置を行っています。オリジナルメニューを注文した人には4賞ジャージカラーの大会ロゴ入りオリジナルコースターなどをプレンゼントするキャンペーンも(プレゼント内容は店舗により異なります)。

また、今年は11月3日午後1時15分から会場内メインステージで開催の大会前日イベントを一般公開(観覧は三菱マテリアルさいたま総合事務所隣接地で同時開催の「サイクルフェスタ」会場内)。大会出場選手が登場するほか先月発表されたばかりの「ツール・ド・フランス2018」のコース紹介や、海外招へい選手たちが日本文化を体験します。詳細は大会公式サイト(「さいたまクリテリウム」で検索)で確認を。問い合わせは同実行委員会(電048・829・1736)へ。


投稿日:2017年11月3日

お問い合わせ