女性のためのマネーセミナー ショパチケのネットワークが広がりました!

3人制バスケットボール2020東京オリンピック追加種目に決定!

日野版


未来へシュート!

立川初となる3人制プロバスケットボールチームTACHIKAWADICE.EXE(タチカワダイスドットエグゼ)の本格始動は2016年1月。国内最高峰リーグ「3×3PREMIER.EXE(プレミアドットエグゼ)へ参入から2年目の今シーズンで、8ラウンドを戦い、優勝を果たしました。すでに世界を狙える位置まで躍動しています。(写真提供=3x3PREMIER.EXE事務局)

迫力あるプレイを間近で観戦できるのが魅力

同チームが誕生したきっかけは、2013年に創立60周年を迎えた立川商工会議所の、今後の10年を見据えた「ビジョン推進委員会」がビジョンを具現化したことにさかのぼります。

子どもたちに夢を

「立川に足りないもの、必要なものを調査研究した結果の一つとして、立川に関わる全ての方が立川をキーワードに夢中になるようなアクションが必要と感じました。

〝まち〞の賑わい創出はもちろん、子どもたちへ喜びや気づきを与えられそうなプロスポーツチームの発足も一つの手だという結論に達しました」と、チームの運営本部事務局長の天野公博さん。これまでにないスポーツ観戦スタイルやトップ選手との交流、音楽やファッションの融合による新感覚のスポーツの楽しみ方などリーグのスタイルに共感し、同商議所をはじめ、立川市商店街振興組合連合会、立川観光協会、立川青年会議所により2016年1月5日に組織委員会を設立。同年6月11日の開幕戦を「ららぽーと立川立飛(立川市泉町)」に初誘致。個人を含む地元企業など約50社の協賛により「オール立川」でチームを支えています。

立川から世界へ

ららぽーと立川立飛で行われた開幕戦の様子

昨年はリーグ所属12チームが6チームずつ2カンファレンスに分かれ8大会開催。初優勝は逃したもののカンファレンス2位に。今年は18チーム3カンファレンス制で、昨年同様「ららぽーと立川立飛」の開幕戦を皮切りに全8大会に遠征。目標としていたカンファレンス優勝に輝きました。来季の開幕は6月初旬を予定。立川から世界へも夢ではありません。

●3×3のルール
①コートとボール:横15m×縦11m使用球は6号ボール(重さ7号)
②選手登録:4名(出場選手3名+控え1名)
③タイムアウト:1チーム1回(30秒)
④ゲーム開始:コイン・トスによって決定⑤ショットクロック:12秒
※3×3PREMIER.EXE競技規則

チーム名の由来DICE(サイコロ)は、古来より運命をつかさどる道具であるといわれる。ガイウス・ユリウス・カエサルの名言「賽(さい)は投げられた」の言葉のように、相手がどのような強豪であろうとも、不退転の決意をもって試合に臨み勝利する決意が込められている。


投稿日:2017年11月3日

カテゴリ: 地域の情報,日野版
お問い合わせ