女性のためのマネーセミナー ショパチケのネットワークが広がりました!

読者モデルに聞きました!家族のスケジュール管理どうしてる?

町田・相模原版


自分の予定はもちろん、家族全員の予定を整理して把握したいと毎年思っているけれどうまくいかない、という人もいるのでは。楽しくスケジュール管理をしている読者モデルに話を聞きました。さまざまなアイデアを参考に、新しい年を迎える準備をしませんか。

可愛い付箋で掃除の予定を管理 我妻直子さん

手間のかかる掃除を予定として記入すれば前向きに取り組めそうです

仕事のシフトや子供と夫の予定には手帳やカレンダーを使用。通常の家事ではなく、キッチン全体やサッシの掃除等、ついつい後回しになる家事を記入する工夫も。「いつ、どこを掃除したか、これからどこに取り掛かるかの目安にもなっている」とも。数年前から〝記録するダイエット〞に挑戦していたこともあり、カレンダーにはその日の食事内容や体重を記入する徹底ぶり。可愛いらしい付箋等を使用することで、楽しく見ながら記入している様子が伝わります。

パソコンと連動のスマホアプリ利用 中間明希さん

家族や夫の予定は、すぐ目につくホワイトボードに

2人目の子供の育児休暇中なので、持ち歩くのに便利なスマートフォンで予定を管理しています。「携帯電話に入力すれば、パソコンと連動する仕組みだったので仕事でも使用していました」。帰りが遅くなる、出張等の夫の予定はホワイトボードに。晩ご飯の有無や、子供の入浴ができない、といったことも事前に分かれば、育児もよりスムーズ。仕事場では、日ごとに書き込む手帳の他、常に目にできるよう年間の予定をA3サイズに拡大して、デスクの壁に貼っていたそうです。

それぞれの予定を色分けして記入 村上聡子さん

色分けすれば家族の中で誰の予定が多いかも一目瞭然

小学生の子供のPTA活動に加え、最近起業したばかり。スマートフォンのアプリを利用して、夫や自分の予定を共有しています。「お互いを把握するだけでなく、忙しさも理解してもらえています」。もともとは〝書きたい派〞で、手帳も別に持ち、仕事の予定を管理。1カ月の見開きページには、自分、夫、子供の予定を色分けで記載することで、ぱっと見ただけで大体を分かるようにしています。「仕事の事業計画も手書きをして、イメージを膨らませています」。


投稿日:2017年11月10日

お問い合わせ