大相撲立川立飛場所・特撰落語会 大相撲立川立飛場所 特撰落語会

イチゴ狩りを楽しもう

川越中央版坂戸・鶴ヶ島版


待望のイチゴ狩りシーズン到来。甘いイチゴの香りに包まれて、笑顔あふれる時間を過ごしませんか。

「苺の里」でイチゴを使って手づくり体験

苺の里西大久保店(入間郡毛呂山町西大久保113の1。電090・6474・4115)は、バリアフリーで高設栽培を取り入れたイチゴ農園(5月下旬まで)。イチゴ柄の雑貨もそろえています。

イチゴは酸味と甘みが強く、香りと味のバランスが良い「紅ほっぺ」と「あき姫」「かおり野」の3種類。「あき姫、かおり野、紅ほっぺの順番で食べると味の違いも良く分かりますよ」と同園。入園料(予約制)は50分食べ放題で、4月上旬まで一般2268円、未就学児1620円、2歳以下324円(時期によって異なる)。「パフェ作り体験」やフリードリンクが自由に堪能できるのも魅力。「ジャム作り体験」=写真、「いちご大福作り体験」も別途料金で楽しめます。西戸店もあります。

埼玉県ブランド「彩のかおり」も味わえる!志村農園

いちごとお花畑志村農園(坂戸市小沼102。電080・5028・1062)は、坂戸ICから車で約3分の場所にあるイチゴ農園です(5月下旬まで)。

イチゴは埼玉県のオリジナル品種「彩のかおり」、大粒で甘味と酸味の調和のとれた「紅ほっぺ」「章姫」「かおり野」「オイCベリー」の5種類。バリアフリーの高設栽培で、園内にはキッズプレイコーナーも設けているので子どもたちも退屈せずに楽しめます。

入園料は30分食べ放題で、3月末日まで一般1800円、3歳〜未就学児1400円、2歳児200円(時期によって異なる)。「ご家族で一緒にイチゴ狩りが楽しめます。ぜひいらしてください」と同園。

昨年オープン!おしゃれなイチゴ農園「苺の時間」

苺の時間ひるま農園(鶴ケ島市太田ケ谷436。電090・6508・3602)は、長年地元で園芸農家を営んでいる比留間正道さんが昨年1月に開園したイチゴ農園。受け付けカウンターのあるビニールハウス内は農園のイメージを一変、カフェのようなおしゃれな雰囲気です。

イチゴは「紅ほっぺ」「章姫」「かおり野」、3月に旬を迎える「やよいひめ」の4種類。家族連れやカップルをはじめ、高設栽培なので「楽に摘める」と子連れや高齢者も訪れています(写真)。

平日は45分、土、日、祝日は30分食べ放題で、入園料は小学生以上1800円、3歳〜未就学児1300円、3歳未満は無料。月曜定休。3月中旬以降は、隣接している園芸農園も楽しめます。


投稿日:2018年3月2日