大相撲立川立飛場所

可憐な花に誘われて

大宮・さいたま
新都心版
東大宮・
宮原・日進
桶川・北本版上尾・伊奈版


ぜいたくな花の競演が、身近な場所で待っています。毎年たくさんのファンでにぎわう花の名所で、恒例のまつりも開催。美しく可憐な花に囲まれて、特別なひと時を過ごしませんか。

◆第33回ハナミズキまつり

美しさに息をのむ花の競演

ハナミズキの森「石井実生園」(さいたま市見沼区南中丸75)で、4月21、22日午前10時〜午後5時に開催。ハナミズキの生産農家・石井さんが「美しく咲いた花々をただ散るに任せているのではもったいない。せっかくだから、多くの人に鑑賞していただきたい」と、広い園内を手づくりで整備し、無料開放しています。

甘く上品な「ピンクハピネス」

10種類以上のハナミズキが競演するさまは、息をのむ美しさ。同園が作りだした貴重な品種にも出会えます。なかでも、「ピンクハピネス」は甘く上品な美しさ。女性に人気があります。園内は自然の里山に囲まれ、弁当持参でのんびり過ごす人も。

手づくりの展望台から花の絶景や市内の景色を一望したり、園路周辺に顔をのぞかせる、かわいい動物のオブジェを見つけたりと、思い思いに楽しめます。

期間中は山野草即売会、多肉植物とサボテンの展示販売も。入場無料。

問い合わせは電048・684・2781

◆さくら草まつり18’

フォークダンス広場

可憐なサクラソウは国の特別天然記念物

①桜草公園会場で4月15日午前10時〜午後3時に開催。雨天決行(一部中止)。まつりの主役、田島ケ原のサクラソウは、国の特別天然記念物に指定され、可憐なピンクの花が楽しめます。

イベントも盛りだくさん。さくら草コンサート、キャラクターショー、民踊大会、野点、フォークダンス広場、防犯展、緑の基金、茶店、どじょうすくい踊り、さくら草郵便局、警察車両の展示、飲食物販売他。

アクセスは浦和駅西口5番バス乗り場から「志木駅東口」行き乗車、「さくら草公園」下車。

②さいたま市役所会場で14、15日午前9時〜午後4時に開催。雨天決行。さくら草展、さくら草実費頒布(鉢数限定)、山野草展、さくら草栽培相談コーナー、植木市他。

①②とも周辺は混雑するので車での来場は遠慮を。

問い合わせはハローダイヤル050・5541・8600


投稿日:2018年4月6日