ショッパー2222号記念!三遊亭円楽 独演会

スキルを生かして輝く〝お仕事ママ〞たちの子育て

大宮・さいたま
新都心版
東大宮・
宮原・日進
桶川・北本版上尾・伊奈版


家庭の内外で感性豊かに活躍する〝お仕事ママ〞たちに、楽しく本音で語っていただきました。

市倉育江さん
かつて鎌ケ谷、上尾でエステサロンオープン。現在は埼玉県5000人のママコミュニティを運営。小4、年長のママ。

山中玲見佳さん
さいたま市、浅草橋でUVレジンの教室を主宰。臨床検査技師の国家資格を持つリケジョ。高3、中2、小4のママ。


西原ゆみさん
日本で5人しかいない、おひるねアート協会殿堂入り講師。大手企業のおひるねアートも担当。小5、小1、2歳のママ。

笠倉さつきさん
アイシングクッキー・練り切りアート・デコ雑貨の教室主宰。大手企業イベントの講師も。中3と小6のママ。


時短の工夫は?

笠倉 ご飯作りとブログアップは並行作業。何かを煮込みながら書いています。また木曜はカレーと決め、冷凍野菜等活用でパパッと作ります。
山中 スーパーの火曜市があるため、火曜は揚げ物が多いです(笑)。
西原 買い物は1週間分まとめて。とりあえず野菜のとれる豚汁を2日に渡って食べるとか。
笠倉 時間内にこなすと心地よい達成感が。
市倉 忙しい人ほど時間の使い方がうまいですよね。休みの日の方がむしろはかどらないことも。
西原 それに、誰か呼んだ方が片付きますね。
市倉 ご自宅で教室をしていると家が片付いて夫に喜ばれるという作家さんも多いですね。

家族の協力と健康管理は?

笠倉 上の子に手をかけ過ぎたのか弱くしてしまい、幼稚園の時はお休みが多くて。今は自分の風邪の方が心配。病気にならないよう11時半には寝るようにしています。
西原 睡眠は大事ね。
山中 教室を始めた時、下の子が幼稚園だったけれど、真ん中の子が面倒を良く見てくれて。助かりました。
西原 一番下の子を上の子がお風呂に入れてくれ、その10分でお茶碗洗いができるすばらしさ。私自身は代わりがいないので、どんなに高熱でもさらっとした顔で仕事に行きます。幸い母や友達の協力があり、子どもの風邪で休んだことはありません。
笠倉 親はありがたい。
市倉 子どもがいること前提でサロンをしていた時期もありました。それでも来たいと言ってくださるお客様やご自分も子連れできてくださるお客様もいて、私の風邪等でお断りするのは心苦しかった。プロとしてどう接するかが課題ですね。

ストレス解消法は?

笠倉 ストレスはたまらず、体が疲れるだけです。講習料は高くてもステップアップのための教室に通う等、働いたら自分に投資をしています。
西原 子どもとでかけるのがストレス解消。夢の世界が大好きなので、テーマパーク等で癒やされます。買い物、映画、写真展等の鑑賞系で感性を磨き、インスピレーションがわいてくるので、行き詰っているときほど出かけています。カメラを持ってでかけることも。結局おひるねアートに自分の趣味が詰まっていることに気づきます。
山中 私もストレスはたまりません。睡眠不足だけは気を付けてますね。あとは作品の材料を見に浅草橋へ行くとか。気づくと作品づくりにつながっていますね。
市倉 私もストレスはたまらず、趣味もいっぱい。時間があるときは、時間をかけて天然酵母でパンを焼いたりもしています。外食が続くとストレスになるので、食物繊維を取り入れデトックス。オン・オフのめりはりも大事ですね。

仕事をしていてよかったと感じる時は?

笠倉 娘と息子に「ママの子でよかった」と言われる時。難しいはずの思春期でも言ってくれます。べったり子育てできないし、こんなママでもいいの?って。
西原 子どもたちが私の作品を見て喜んで応援してくれる。1番上と2番目の子と両手をつなぎ、下の子をおなかに乗せ、「大好きだよ」と言い合って寝る時、1日がんばってよかったと思えます。子どもたちのおひるねアートを将来結婚式で使うのが夢。上の子の作品は少ないけれど、デザインに目覚め始めていて、アイデアを出してくれます。下の子はおひるねアートが好きで10秒で撮影できてしまう。撮った後「とーっても可愛い!!」とほめまくります。
山中 自分で教室をやっているので、3月と8月をお休みにして夏休み等に子どもと一緒に過ごすようにしています。そんな時、やっててよかったと思います。また、子どもに、大人になってからの仕事のモデルとして、自分を見せられているとも感じています。
市倉 OLの仕事を休んで子どもを産んだ時、復帰の道もありましたが、辞めて自分で仕事をする方を選びました。子どもの成長をそばで見られ、行事にも参加できました。そして今は子育てしながら仕事をするいろんなママたちを応援し、交流を広げ、仲間と成長し合えるのが喜びです。


投稿日:2018年6月29日