ショパチケのネットワークが広がりました!

東京都の記事一覧

1 / 3112345...最後 »

2017年12月15日

着物の所作や着こなし~2人の専門家に聞きました~

年末年始はパーティーや観劇、初詣や新年のあいさつ等で出掛けるときに着物を着る機会が増える時季です。また、最近は観光地で着物を着て散策する姿を多く見掛けます。「日本の民族衣装としての着物を身近に感じて親しんでほしい」と願う2人の専門家に、着物の魅力や着こなしポイントを聞きました。

礼を尽くす着物の所作を

相模原市の宗家立花流事務所で着物の所作について話をする立花寶山さん

「着物を着ると、自分の変化に気付き着物を知る勉強が必要になる」と話すのは相模原市南区在住で日本舞踊家、オペラの演出もする宗家立花流三代宗家の立花寶山さん。着物を着こなす「礼を尽くす」所作について聞きました。

歩幅は洋装のときの六、七分ぐらい前に足を置く感じで、草履を指で挟んでかかとを落とすように歩きます。姿勢は頭からかかとまで管を通した感覚で、尾骨を引き上げるように立ちます。

羽織やコートは外で脱ぎ、履物は脱いでから向きをかえる等、次の動きに対応できるようにしましょう。また和室では座って話をしたり等、相手への敬意と心遣いが大切です。「所作は間違いを経験してから、原点に戻り体験を積み重ねていくこと」と立花さん。

来年2月24日に横浜能楽堂で「立花流踊りの会」を開催する予定です。問い合わせは同事務所(電042・743・1824)へ。

楽な着付けで着物に慣れる

町田市の着付け教室で気に入りの着物姿で着物の魅力を語る細野晴美さん

着付け歴20年の経験豊かな細野着付け教室の細野晴美さんに、着物の着こなし方について話を聞きました。

小紋の着物と半幅帯を用意。半幅帯は、浴衣と同様に簡単な結びで楽に過ごすことができます。寒い時季は、着物の上に羽織や道行きを羽織るので、帯の結び方も気になりません。羽織や道行きの色は「型にはめなくても何でも合わせられます」。

着物1枚に対して帯3本持っていれば、さまざまな着こなしが楽しめます。「たんすに眠っている高価で美しい着物を気軽に着て初詣や食事会に出掛けてほしい」とも。

町田市南町田1の41の16の自宅教室(電090・9816・5331)で開く同教室では1回体験を受け付け中。詳細はHPで。


今年もクリスマスバスを運行サンタがバスでやってきた!

12/16・17・23・24京王バス

ツリーやイルミネーションなど、街はすっかりクリスマスムード。京王電鉄バスグループ(本社=府中市晴見町)では毎年、独自のアイデアで「クリスマスバス」を運行しています。普段乗車している路線バスに、もしもサンタクロースが乗っていたら……。子どもだけでなく大人だってワクワクするはず。今年も八王子の街なかをクリスマス仕様のバスが走ります。

「サンタ役も楽しんでます」と運転手&車掌さん

〝お客さまを楽しませること〞をきっかけに、2009年から始まった「京王クリスマスバス」。
今回は八王子・めじろ台(八王子駅南口⇔めじろ台駅)、京王八王子・高尾山口(京王八王子駅⇔高尾山口駅)、八王子みなみ野(八王子みなみ野駅循環)、南大沢(南大沢五丁目循環)、京王堀之内(東山住宅循環)の5路線、計4日間の運行。他の地域(10営業所)でも実施します。

クリスマス仕様のバスのドアが開くと、サンタクロースの衣装に身を包んだ運転手と車掌サンタのお出迎えに子どもたちは大喜び。車内に乗り込むと、クリスマスソングのBGMと飾り付けでクリスマスムード満点です。小学生以下の子どもには、サンタさんからオリジナルクッキー等のプレゼント(数量限定)があり、毎年このバスを楽しみにしている子どもも多いそう。

クリスマスバスに乗ってプレゼントに応募

また、乗車時にもらえるシールを貼って応募すると、抽選でプレゼントが当たる企画も用意。終点では次の発車までの間、サンタさんと記念撮影もできます。

「この取り組みは、日頃ご利用いただいているお客さまに感謝を込めて、楽しい思い出となるよう企画したものです。クリスマスバスをきっかけに京王バスのファンが増えてくれればうれしいです」と担当の渡邊瞬さん。

運行日は路線にもよりますが12月16日、17日、23日、24日の午前10時頃〜午後3時頃を予定。運行時刻は京王バスのホームページで確認できます。問い合わせは、京王電鉄バス運輸営業部営業企画担当(電042・352・3712=平日午前9時〜午後6時)へ。


冬散歩〜レトロな建物をそぞろ歩く

カテゴリ: 地域の情報,日野版

江戸東京たてもの園

敷地面積約7㌶を擁する江戸東京たてもの園(小金井市桜町)には江戸時代から明治・大正・昭和期にかけて作られた貴重な歴史的建造物が移築、復元され、並んでいます。時を経ても変わらぬ魅力を持つ建物を味わいながら、冬散歩に出掛けてみませんか?

A 前川國男邸の外観

■個性豊かな3つのゾーン

Bイサム・ノグチの 照明がよく合う前川邸室内

園内は西、センター、東の3つのゾーンに分かれています。このうち、西ゾーンに建つ1軒は日本の近代建築の発展に貢献した建築家・前川國男の自邸(写真A、B)。戦時体制下の1942年に建てられたこの家は、建築資材の入手が困難な時期に竣工しました。吹き抜けの居間を中心にしたシンプルな間取りは、今見てもモダンで住み心地も良さそう。

■下町の風景が味わえるのは東ゾーン

C子宝湯では浴槽に入って撮影も楽しめる

東ゾーンは下町中通りを中心に昔の商家などが並び、下町の風情が感じられます。正面の子宝湯は1929年に建てられた建物で、浴室内(写真C)の壁面には富士山のペンキ絵が描かれるなどまさに「ザ・銭湯」のイメージです。


Dお燗の様子を眺めつつ、おつまみを考えるのも楽しい

鍵屋(写真D)は台東区下谷の言問通りにあった居酒屋で、幕末の1856年に建てられたと伝えられます。


E居酒屋・鍵屋の外観

1970年頃の姿に復元された建物と店内(写真E)は、今にもお客がふらりとやってきそうな雰囲気です。このほか、センターゾーンには旧自証院霊屋(きゅうじしょういんおたまや)など、東京都指定有形文化財の貴重な建物も並びます。


江戸から東京へ│当時の人々の暮らしに思いをはせながらそぞろ歩き。年始のお出掛けにお薦めです。

■年始の予定

来年1月、イベント「たてもの園でお正月」を開催予定です

▽1月2日、3日(両日のみ入園無料)=「江戸の正月を楽しもう」太神楽、獅子舞、餅つき歌などを披露▽6日、7日(着物での来園者は入園割引あり)=「正月の昔あそび」と題して、外ではこま遊びや羽子板、建物内ではカルタ、書き初め、福笑いなど懐かしい遊びを体験できます。

【江戸東京たてもの園】小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)☎042・388・3300午前9時半~午後4時半(10月~3月)月曜休館(月曜が祝日、または振替休日の場合は、その翌日)、12月25日~1月1日休園観覧料▶一般400円、65歳以上200円、大学生(専修、各種含む)320円。高校生・中学生(都外)は200円。都内在住・在学の中学生と小学生以下は無料


2017年12月8日

上手に買って上手に保存 食材の買い物に役立てて…

年末・正月を迎える準備のために買い出しを始める時季。年末は市場が休みに入ることもあり、食材を買い込み、保存しておくことが必須。肉や魚、野菜の食材選びや保存方法のこつについて、地元の専門家に話を聞きました。

肉選びは飼育状態も参考に

「こめ育ち豚の脂は体によいといわれるリノール酸が含まれます」と加川さん

生活クラブ生協デポー町田(町田市成瀬が丘2の27の1。電042・706・0360)の加川佐智子さん

品質がしっかりと表示された豚バラ肉、鶏モモ肉、鶏ササミ

「安全、環境、健康」をテーマとする生協の店では生鮮食料品を中心に約2000品目を取り扱い。
肉選びは、餌や環境といった飼育状態が重要。雑煮や煮物には柔らかく脂がある鶏モモ肉、茶碗蒸しにはササミ。豚の角煮はバラ肉がお薦め。「豚肉の価値は脂肪の質で決まります」と話す加川さん。消費期限を過ぎる保存は冷凍にしておきましょう。


早めに買い土で保存できる物も

井上さんが両手に持つ採ったばかりの葉付き大根は新鮮さが一目瞭然

井上農園(大和市中央林間3の8の1=直売所。電090・9645・5511)の井上和義さん

露地やハウスもの等、1つ1つ大切に育てた野菜がそろいます

12月初旬から年末にかけては、おせち料理等に使う根菜類が人気です。大根は、ひげ根の穴が少なく、触ったときに堅く、はりと艶があり、重みのあるものがお薦め。泥つきのゴボウ、長ネギ、ニンジン、サトイモは、プランター等の土の中で保存できるので早めの購入も可。火、土曜の午前10時半過ぎから朝採り品を中心に販売。年内は12月26日まで。


マグロのことならお任せ

よく研いだ包丁で切り身の面に沿って厚みをそろえて斜め切りします

マグロ専門マルハチ(JR町田駅ターミナル口近く仲見世商店街内。電042・729・5325)の小松一路さん

大トロ、中トロ、赤身ともに色がきれいなさくを選ぶのがこつ

八王子市卸売市場内でマグロ卸業を営むマルハチ水産直営の専門店。本マグロはじめ濃厚で身が締まりこくがあるインドマグロ、身が柔らかく甘みがあるメバチマグロは刺し身向き。冷凍マグロは水につけた後、常温で解凍。「切り方で味が変わりますから注意を」と小松さん。刺し身盛り合わせは1人前から受け付け。予約制で3000円から。


今年のトレンドを取り入れてちょっとランクアップ

定番アイテムをどう着こなす?~伊勢丹立川店のスタイリストがヒントを教えます~

いよいよ年末が近づいてきました。冷たい空気の中、お出掛けする機会も増えてくるのではないでしょうか?「おしゃれにまとめたいけど、寒さ対策もしたい」「いつもの洋服に変化をつけたい」など、鏡の前では悩むものです。今週は冬のコーディネートを大特集。1面では着回しがきく冬のアイテムをピックアップ。2面ではそのアイテムを使って今年らしい3つのコーディネートを紹介します。

色や柄、着こなし方で変わる冬のコーディネート

澁谷香菜さん 伊勢丹立川店営業統括部婦人服3Fアシスタントセールスマネージャー 2005年入社、カラーアナリスト有資格者

今年らしいスタイルのポイントは
①トップスの前面をインにする
②反対色の組み合わせ
③ボトムスにチェック柄を取り入れる
反対色とは、色相環で反対色の関係にある色のことです。
この3つを取り入れやすいスタイルでコーディネートしてみました。

A)ワイドパンツコーデ

A)

D)

“トップスをイン”に、後ろはヒップを隠して
今年はワイド系のパンツがおすすめです。コーデュロイ素材のパンツにローゲージのざっくりしたニットを選びました。サイドスリットの入ったニットの前面をインにしてすっきりと、後ろはそのまま。白のレザーシューズで冬でも軽やかに

B)トレンドカラースカートルック

B)

ネイビー×キャメルの“反対色”で

青と黄色、クリスマスの赤と緑などの組み合わせはお互いの色をもっともよく引き立たせる反対色と言われています。今年人気はマスタードカラーですが、苦手な方は定番のキャメルも紺色と合わせると今年らしい配色で良いですね

C)ワイドパンツコーデ

C)

E)

“ボトムスにチェック”を取り入れて

パンツではチェック柄が人気です。ダウンベストを合わせればカジュアルになりますし、セーターなどトップスを変えればきちんとした印象になるのもチェック柄の魅力ですね。足元はサイドゴアブーツなどで暖かく、きりっとした印象に


澁谷さんのプラストレンド情報

ご紹介したコーディネートに赤など明るい色のストールやマフラーを加えると印象が変わります。また、話題の『エコファー』(リアルではない、合繊で作ったファー風素材)を取り入れるのも今年のトレンドです。ポケットにのみ使用した洋服やバッグなど、気軽に身につけてみてはいかがでしょうか

掲載商品A〈BPQC〉セーター1万4040円〈Clothing〉コーデュロイパンツ1万2960円B〈BPQC〉セーター1万7280円ラップスカート1万4040円C〈BPQC〉ダウンベスト1万7280円セーター1万7280円〈Clothing〉パンツ1万2960円D〈BPQC〉レザースリッポン1万1880円E〈BPQC〉サイドゴアブーツ2万520円A~Dは伊勢丹立川店3階ニューズスクエアスタイリングEは同店2階ニューズスクエアレディスシューズ営業時間▷午前10時~午後7時(12月8、9、15、16、19~23日は7時半まで31日は6時まで)年内無休


1 / 3112345...最後 »
お問い合わせ