ミュージカル パレード

地域の情報の記事一覧

1 / 8012345...最後 »

2017年4月28日

今年で13回目のオープンガーデン ロザリアン八王子

華やかで香り豊かなバラ。香りを嗅ぐだけでリラックスでき、ストレス軽減や、美白効果があると言う人も。自宅の庭を開放し、自由に見学できるバラ園が八王子にあります。

「グラハムトーマス」
優れた芳香バラに贈られる英国王立バラ協会のヘンリー・エドランド賞を受賞している品種


独学でバラを育て、自宅をオープンガーデンにして今年で13回目になる、ロザリアン八王子(八王子市丹木町1の513。電042・691・6160)の細野信夫さんは、現在200種ほどのバラを育てています。バラ園というとバラだけのところが多い中、同園はバラを中心としたイングリッシュガーデンにデザインしてあり、他の草花とのコラボレーションを楽しむことができます。 続きを読む »


この人に聞く“もったいない”の考え方を大切に アースシグナル代表取締役社長 笠原 喜雄さん

地域密着をモットーに不動産、空き家活用、太陽光発電などの事業を展開するアースシグナル(本社=鶴ケ島市脚折)。事業を通じて伝えたいこと、そして今後目指すものとは。笠原喜雄社長に聞きました。

“お得で賢い”注文中古住宅はおまかせください。ライフスタイルや希望に合わせた中古住宅選びをサポートします」と笠原喜雄社長=イーエス不動産で

中古住宅・空き家活用・太陽光発電事業を通じて暮らしを応援アースシグナルは2002年、一般住宅の外壁工事業からスタートし、太陽光発電や耐震・リフォーム工事も手掛けるように。その後、笠原社長が考えるようになったのが、近年増え続けている空き家問題でした。 続きを読む »


変わりゆくわが街 ~昭和の風景を写真で紹介~

毎日通っている道や駅周辺も、いつのまにか変わっていきます。愛すべきわが街の風景を、昭和の懐かしい写真で紹介します。

■所沢市

昭和55年のプロぺ通り入口付近。昭和40年代頃から町の活気が銀座商店街(御幸町~元町)から 現プロぺ通り商店街へ移行。 昼間は買い物客で賑わい、青果店などもあり、生活感があふれていました。
提供:三上博史さん

現在のプロぺ通り


所沢市内で一番賑わう商店街「プロぺ通り」は、所沢駅西口ロータリーから始まり、全長約300メートル、100軒以上の店舗が立ち並んでいます。かつては、「駅前商店街」と言われ、昭和55年(1980年)に所沢が日本の航空発祥の地であることからプロペラにちなんで「プロペ通り」と命名されました。 年々、大型チェーンの貸店舗が増え、夜だけ営業の店も増加。昭和初期から続く老舗店は数が少なくなりましたが、現在も、いせき、島田印房、海老屋商店などが残り、地元ならではの温かさと生活感を伝えています。 続きを読む »


かわいくて癒やされる。近くの公園で動物と触れ合おう!

ゴールデンウイークは、子どもたちが喜ぶ近場のスポットへ。無料で動物を見たり触れ合ったりできる公園へ遊びに行きませんか。

身近な動物と出合える
緑に囲まれた小動物園

モルモットの部屋で触れ合いを楽しむ子どもたち


大崎公園子供動物園(さいたま市緑区大崎3170の1。電048・878・2882)は、緑豊かな大崎公園の中にある、中小動物を中心とした小動物園です。

レッサーパンダ、カピバラ、アメリカアカリス、ヒツジなど愛嬌たっぷりの動物をはじめ、園内の池でのびのび泳ぐカモ類や日本産の鳥、フクロウ、カラフルで美しいインドクジャクやキンケイなど鳥類も豊富です。 続きを読む »


新緑の季節に里山散歩 フットパス活動する「みどりのゆび」の神谷さんと尾留川さんと一緒に

昔から交通の要所だった小野路

風薫る5月、外を歩くのにもよい季節になりました。風景を楽しみながら歩く道を紹介するフットパス活動を行う団体「みどりのゆび」の神谷由紀子さんと尾留川朗さんに小野路のコースを案内してもらいました。大型連休に、近場で緑の散歩を楽しんでみては。

鎌倉古道と布田道が交差する関谷の切り通しについて神谷さんと尾留川さんが解説

今回歩くのは、町田市小野路町鎌倉街道沿いの別所バス停からスタート、同小野路町888の1、小野路里山交流館まで、ゆっくり歩いて約2時間のコースです。


交通量が多い鎌倉街道から小型車1台がやっと通れるくらいの道に入ると、一転してのどかな田園風景に。この道は、江戸時代、現在の調布市にあった布田五宿へと続く江戸への近道、布田道。新選組の近藤勇等が小野路名主である小島家等へ出稽古に通ったそうです。「この道から見る風景は当時とほぼ変わらないのですよ」と神谷さん。 続きを読む »


1 / 8012345...最後 »