大相撲立川立飛場所

地域の情報の記事一覧

1 / 10412345...最後 »

2018年7月13日

夏休みは生き物体験を 町田市・相模原市・大和市の施設

観察、触れる、学習等のイベント

間もなく子供達の夏休みが始まります。長い休みは、普段出来ないことに取り組むチャンス。今回は、町田市、相模原市、大和市で昆虫や生き物に関する小学生中心のイベントを特集します。観察したり、触ったり、学んだりのイベントに参加して、生き物体験をしてみませんか。

町田市民文学館ことばらんど(町田市原町田4の16の17。電042・739・3420)

ⒸTomoko Saishoji
舘野さんは偕成社刊の絵本「つちはんみょう」で2017年に第66 回小学館児童出版文化賞受賞

舘野鴻絵本原画展「ぼくの昆虫記―見つめた先にあったもの―」を7月14日〜9月24日開催。

秦野にアトリエを構える絵本作家が描いた小山田緑地等緑地や里山に生息する昆虫達の作品を展示します。入場無料。

7月14日午後1時から、舘野鴻〝すてきな音楽会とおはなし会〞。舘野さんの話、弦楽三重奏団による演奏等。幼児〜小学生とその保護者が対象で、先着50組100人。7月28日、8月18、25、9月1日各午後1時から、舘野さんが昆虫を描く様子が見られる公開制作。直接会場へ。他、会期中イベント多数、同館HP等で確認を。

県立相模原公園(相模原市南区下溝3277。電042・778・1653)

神秘的ながら生き生きと生物を写し出す松橋さんならではの写真

同市在住のネイチャーカメラマン松橋利光さんの写真展「里の生き物と日本のカエル」が、グリーンハウスで7月24日〜9月2日に開催されます。

7月29日午後1時半〜3時半に松橋さんを講師に迎え、体験講演会「里の生き物と動物の持ち方」を実施。定員50人。さらに8月5、26日の午後1時半〜3時半に観察会「公園で虫を探そう」。園内の草花や樹木と関わりながら生きている昆虫を探して観察します。小学生とその保護者が対象で、当日ナビステーションに集合。先着20人。講演会、観察会は事前申し込み。

写真展期間中は、トロピカルガーデンでは5、6種類の外国産カエルの生体展示、2階ギャラリーでは松橋さんが携わった児童図書約20冊の閲覧が可能。

泉の森自然観察センター・しらかしのいえ(大和市上草柳1728。電046・264・6633)

昼間見られない生き物の世界を佐々木さんの解説で見学。神秘的なセミの羽化を見られることも

8月11日午後7〜9時、「佐々木洋さんと夜の生きもの観察会」。テレビ番組でおなじみのプロ・ナチュラリストの佐々木さんの解説で、夏の夜の生きものを観察します。参加費500円。

先着30人、小学生以上が対象で、中学生以下は保護者同伴。電話または直接窓口で同センターへ申し込みを。

12日午後1時から、泉の森観察会「森林浴をしよう」は先着30人。19日(雨天時25日)午前10時から、ミニミニ観察会「このバッタ、なに?」は先着15人。どちらも参加無料で当日受け付け、小学3年生以下は保護者同伴。


海のイベント大特集 7月16日は海の日

「海の日」にちなみ、今週号は八王子、日野からも気軽に行くことができるエリアのイベント情報をまとめて紹介します。海の風を感じながら夏の1日を過ごしてみては。

鎌倉花火大会

写真提供・鎌倉市観光協会

日時=7月24日(火)午後7時20分〜8時10分。予備日は7月25日(水)。場所=由比ガ浜海岸、材木座海岸。アクセス=鎌倉駅、和田塚駅、由比ヶ浜駅、長谷駅(江ノ島電鉄)から徒歩で海岸へ。

鎌倉の夏の風物詩・鎌倉花火大会は1948年に第1回目が開催され、今年、第70回を迎えます。海の花火大会ならではの水中花火は、扇のように広がり、水面に豪快な半円の花が咲いているかのようです。砂浜にもドーンという振が伝わるので迫力満点。昨年は約15万の人でにぎわいました。今年は約4000発の打ち上げを予定しています。

雨天・荒天・強風・高波などの場合は25日に順延。両日とも実施できない場合は中止。なお、若宮大路突き当たりの滑川交差点付近は大変混雑します。鎌倉市では材木座海岸、由比ガ浜海岸(坂ノ下寄り)での観覧を勧めています。

問い合わせは、鎌倉花火大会実行委員会事務局(鎌倉市観光協会内。電0467・23・3050)へ。


プール&祭りで夏を満喫!

いよいよ夏本番。プールで遊んで、地元のお祭りを楽しんで、夏を満喫しませんか。

7月14日からオープン「川越水上公園」でスライダーや流れるプールを楽しもう

スライダーでスリルと爽快感を

川越水上公園(川越市大字池辺880。電049・241・2241)のプールが7月14日〜16日、21日〜9月2日にオープンします。

長さ148㍍のアクアスネークスライダーや直線スライダー、ベンチャースライダーが楽しめるほか、「はつかり丸」がある流れるプール、波のプール、飛び込みプール、多目的プールなど充実した施設。幼児プール横にはミニホワイトビーチも登場します。

営業時間は7月14〜16日、8月17日〜9月2日は午前9時〜午後5時、7月21日〜8月16日は午後6時まで。入場料は大人(高校生以上)720円、小・中学生210円。プールチケットは同公園窓口ほか、コンビニエンスストアでも購入できます。詳細はHP(「川越水上公園」で検索)を。

またイベントも。7月15日午前10時半と正午から、城西大学付属川越高校和太鼓「欅」公演。8月1日、22日正午と午後0時半から「アクアダンス」など。

水上アスレチックも楽しめる「坂戸市民プール」がオープン

坂戸市民プール(坂戸市石井1550。坂戸市民総合運動公園内)は、9月2日までの期間中、午前9時半〜午後6時(入場は午後5時まで)にオープン。50㍍プール、25㍍プール、流水プール、スライダープール、幼児用プールを楽しめます。入場料金は一般・市内在住500円(市外在住1000円)、小・中学生200円(同400円)、乳幼児無料。障害者手帳のある人は半額になります。

また、今年も50㍍プールにふわふわの水上アスレチックが登場します。同期間中の午前10時〜午後4時50分。利用料金は、中学生以上700円(20分)、小学生以上300円(同)。小学3年生以下は保護者同伴。

問い合わせは、坂戸市民総合運動公園管理事務所(電049・284・1771)へ。

7月14、15日に「坂戸八坂神社夏祭り」7月14、15日に「坂戸八坂神社夏祭り」

「坂戸八坂神社夏まつり」が7月14日午後2時〜8時半、15日午後1時〜8時半に、坂戸市中心市街地(日の出町・本町・仲町・元町など)で開催。八坂神社の祭礼で「天王様」とも呼ばれています。1丁目から4丁目・粟生田(あおうだ)の5町内の山車や屋台で繰り広げられるお囃子は、市指定無形民俗文化財に指定されています(写真)。

14日午後2時から山車の曳行、6時からは八坂神社で奉納囃子が行われ、6時50分から坂戸市文化会館前でお囃子、7時20分から、活気あふれる山車の曳き合せ。15日午後1時からは宮神輿渡御。重さ約2トンはある大きさの神輿で見応え抜群です。

問い合わせは、坂戸市商工労政課観光推進担当(電049・283・1331)へ。


地元の祭りで盛り上がろう!

夏は地元も熱気に包まれ、各地でにぎやかに祭りが開催されます。

勇壮で華麗な「連合渡御」 ◆2018上尾夏まつり

町はお祭り一色に

7月14、15日。14日に上尾市の愛宕・仲町・上町・宮本町・柏座・谷津・本町・二ツ宮の各町内で御輿の渡御があります。15日は中山道と上尾駅周辺の通りが交通規制(車両通行止め)となり、8町内の御輿が勢ぞろいする「連合渡御」が行われます。勇壮で華麗な御輿渡御とともに、山車の引き回し、お囃子が祭り気分を盛り上げ、げんき子どもみこし、民踊輪踊り、YOSAKOIソーランなど楽しい催しも開催されます。問い合わせは、上尾夏まつり実行委員会事務局(電080・6509・2158)へ。

市内全小学校の生徒による子どもみこし渡御 ◆桶川祇園祭

熱気があふれ町が盛り上がります

7月15、16日、中山道を主会場に開催。桶川宿では元文2(1737)年、上中町の中山道の中央にスサノオノミコト一族を祭神とする市神社を「天王社」として祀り、翌年百八燈の灯籠を立てて疫病退散を祈願。11年後の寛延2年、度重なる水害を克服した人々が祇園祭を復興。明治9(1876)年、稲荷神社境内に市神社=天王社が八雲神社と合祀して移築されました。

現在本街、八雲会、榮町、相生会、下日出谷の5町会が参加。昨年から始まった市内全7小学校の子どもによる「子どもみこし」が、今年は祭典委員会と桶川市との「協働推進提案事業」として行われます。「5月には桶川市役所新庁舎もオープンし、さらに桶川市の発展を御祈願しながら盛り上げていきます」と祭典委員長の稲生弘さん。15日午後3時ごろから子どもみこし渡御、5時半ごろから山車曳き合わせ(子供囃子連)、6時ごろから五町神輿連合渡御、16日6時ごろから神輿担ぎ合わせ、7時半ごろから山車曳き合わせ(若衆囃子連・委嘱連)。両日3時〜9時に歩行者天国。問い合わせは稲生委員長(電090・9370・0601)へ。


町に熱気地元の祭り

間近に迫った〝熱々〞のまつり情報をお届けします。

4地区の御輿が本町通り周辺を渡御 ◆平成30年度与野夏祭り

活気あふれる神輿渡御

7月14日、15日午後4時〜9時半、本町通り周辺(さいたま市中央区。JR与野本町駅西口徒歩約5分)で開催されます。宝永年間(1704〜1711年)から続くと言われる歴史あるお祭り。
上町、仲町、下町、上峰地区の御輿が、1日目はそろいで、2日目はそれぞれ本町通り周辺を渡御(とぎょ)します。雨天決行。問い合わせはハローダイヤル(電050・5541・8600)へ。

宮原各地の祇園祭が集結!  ◆第 27 回中山道みやはらまつり2018

阿波踊りも行われます

7月15日午後3時〜9時、JR宮原駅東口周辺および旧中山道・加茂神社〜井上酒店前で開催。

宮原各地に伝承されている祇園祭を集結する、さいたま市北区のシンボル的なお祭り。旧中山道には御輿や山車が繰り出し、宮原駅前広場では和太鼓演奏や阿波踊りなどが行われます。雨天決行(一部中止)。問い合わせはハローダイヤル(電050・5541・8600)へ。

勇壮で華麗な「連合渡御」  ◆2018上尾夏まつり

町はお祭り色に

7月14、15日。14日に上尾市の愛宕・仲町・上町・宮本町・柏座・谷津・本町・二ツ宮の各町内で御輿の渡御があります。15日は中山道と上尾駅周辺の通りが交通規制(車両通行止め)となり、8町内の御輿が勢ぞろいする「連合渡御」が行われます。勇壮で華麗な御輿渡御とともに、山車の引き回し、お囃子が祭り気分を盛り上げ、げんき子どもみこし、民踊輪踊り、YOSAKOIソーランなど楽しい催しも開催されます。問い合わせは、上尾夏まつり実行委員会事務局(電080・6509・2158)へ。


1 / 10412345...最後 »