ショパチケのネットワークが広がりました!

地域の情報の記事一覧

2 / 7012345...最後 »

2017年12月15日

陽気なパフォーマンスでみんなを笑顔に

チキチキドンドン、チキドンドン。どこか懐かしく郷愁を誘う鉦太鼓の心地よいリズム。そこにサックスやアコーディオンの美しいメロディーを乗せて、飛び切りのパフォーマンスを披露しているのが、アマチュアチンドングループの「上尾チンドン倶楽部」です。

上尾チンドン倶楽部

上尾チンドン倶楽部(左が座長の古沢さん)

カラフルな着物姿で江戸の町人などに扮したメンバーが、昭和の歌謡を中心にディズニーナンバーなど元気になれる曲を、その場に合わせ即興で披露。いつの間にか老若男女の輪ができ場が温まり、手拍子が鳴りだします。小学6年生の息子さんと共演するメンバーもいて、小さな子どもに人気。10月21日に前橋市で開かれた「第15回アマチュアちんどん競演会」では、最優秀賞に輝きました。

座長の古沢真弘さんは、学生時代からバンドでドラムを叩き、航空会社の名古屋支店長時代には三線をたしなみました。三線の舞台でアマチュアチンドングループと出会い意気投合。幼少期に祖母のいる浅草で観ていたチンドン屋への憧れが、呼び覚まされました。その後古沢さんは生まれ育った上尾に住まいを移し、接骨院を開業。2013年10月に上尾チンドン倶楽部を立ち上げ、現在は福祉施設の慰問、各地のお祭り、チンドン大会など年間40以上のイベントに毎回5人ほどの編成で参加しています。

アコーディオン担当の横山淳子さんが奏でるのは、イタリア製の白く愛らしい「ジュリエッティ」。宮城県石巻市で撮影され、2011年に公開された映画「エクレール」のクライマックスシーンに使われた楽器です。映画で映し出された美しい風景が公開直前の東日本大震災の大津波で失われましたが、震災前の石巻を残した映画は反響を呼び、震災復興支援の目的で各地で上映され被災者を勇気づけました。

「被災地のことを思い続けてほしい」。横山さんは自分の楽器が映画に出ていることを伝えながら、地域のさまざまなイベントに呼ばれ、演奏するようになりました。そこで出会ったのが上尾チンドン倶楽部。今ではあげお産業祭などさまざまな場所で楽士としてチンドンを披露しています。

「生まれ育ち、終の棲家に選んだ上尾に今後も貢献したい」と古沢さん。全国大会などで「上尾から来ました!」と必ずPRしているそうです。12月16日には、上尾駅自由通路で開かれる「第4回近隣観光協会駅deほっと市」に出演します。今後の出演情報などは、フェイスブックに。


“埼玉のものづくり”から埼玉の魅力を発信!

今年も残すところ数週間。新たな年に向けて、お正月の縁起物を飾りませんか。〝埼玉のものづくり〟を今に伝える郷土玩具や製品を扱う店を紹介します。

来年3月まで、川越に期間限定ショップ 伝統的な産業や職人の技を伝える「鼠屋ちゅう吉」縁起物もいろいろ

〝埼玉のものづくりを商品に〞をテーマに、埼玉に根付く伝統的な産業や職人の技を商品として届けるネットショップ「鼠屋ちゅう吉」。来年3月まで、期間限定ショップ(川越市新富町1の8の2。電049・299・4533)をオープンしています。「何もないと思われている埼玉ですが、さまざまな伝統産業があり、職人さんの技が息づいています。そんな〝埼玉のものづくり〞を商品として流通することで、その魅力を知ってもらえれば」と店主の小谷野陽輔さん。ショップにはその想いが伝わる商品がずらりと並び、お正月の縁起物も目を引きます。


若手職人により復活を遂げた「川越だるま」

「川越だるま」の特徴は「寿」の字で描かれた眉毛や張ったおでこ、穏やかな表情。手作業のため、一つ作るのに最低でも1週間かかるそう。小700円から。「川越だるま」を抱く「抱きねこ」1900円も人気 

「川越だるま」は明治時代に生まれた約100年の歴史あるもの。一時途絶えたものの、若手女性職人に技術が受け継がれ復活しました。


安産と子どもの成長を願う越谷の「犬張子」

大型の「犬張子」は4968円。竹ザルをかぶった「ざるかぶり犬張子」2592円は「犬」の上に「竹」を乗せると「笑」の字に似て見えることから〝笑門来福〟の縁起物。「でんでん犬張子」2268円

「犬張子」は、伝統的な越谷張り子を作る鈴幸人形店から。安産と子どもの成長を願う縁起物として知られています。


魔よけの郷土玩具「鴻巣の赤物」

鴻巣の赤物。
鯉熊、赤犬各2808円

鴻巣の赤物は太刀屋によるもの。昔から赤い色は、疱瘡(天然痘)などの病気除けや魔を除けると伝えられていたそうで、子どもの健康を願う気持ちが込められています。

その製作技術は国の重要無形民俗文化財に指定されています。


末広がりの縁起物富士見市の「扇だこ」

「扇だこ」は左右にある風袋が特徴。微風でもよく揚げることができます。
2500円

富士見市で120年の歴史をもつ、扇のかたちをした凧は末広がりの縁起物。職人の手作業によるもので、現在は4代目・大曽根力雄さんに技術が受け継がれています。


オリジナル羽子板や川越唐桟ご朱印帳も注目

歌舞伎の隈取や罰ゲームなど絵柄がユニークな「羽子板」1296円

「川越唐桟ご朱印帳」は川越の水上製本所による手製本。内側は蛇腹タイプで、晒し土佐和紙を使用。小江戸川越のオリジナルご朱印マップ付き。2484円

このほか、春日部の羽子板とコラボした、鼠屋ちゅう吉オリジナルのスポーツ羽子板や、粋な縞柄と称された小江戸川越の伝統着物生地「川越唐桟(とうざん)」を表紙と裏表紙に施した「ご朱印帳」も注目。「今後もいろいろな商品を増やしていきたいですね」と話しています。

営業午前10時〜午後6時、火曜定休。


2017年12月8日

縁起を担ぐおせち料理

「和・洋・中」各店バラエティ豊かに勢ぞろい おせちの予約を受付中

◆お酒と魚「三二六」

3店舗の粋を集めた三段重

(さぶろく。所沢市東町10の3、2階。電04・2922・1323)
三二六・竹亭・ビストロさぶろく(フレンチ)の3店舗の粋を集めた贅沢な三二六特製おせち「特選お節豪華三段重」3万円の予約を受付。参の重にはA5ランクの国産和牛が500㌘。自家製ポン酢と割り下付きで、しゃぶしゃぶ、すき焼きが楽しめます。限定60個。引き渡しは「三二六」で12月31日午前10時〜正午。同日宅配の発送(送料別)も受け付け。

◆パスタ・デルフィーノ

和伊折衷の手作りおせち 一重 25 ㎝四方2~ 4 人前
※写真は昨年。今年は多少内容が変更

(所沢市緑町2の5の9。電04・2923・6618)
「イタリアンおせち」1万2980円(写真)の予約を受け付け中。しゃれた和伊折衷のおせちで、素材にこだわったシェフの手作りの味が毎年好評です。数量限定50台。12月20日までの早期予約・精算で1000円割引。店頭での引き渡しは12月29日午後6時〜12月31日午後3時。姉妹店の入曽店でも受け付け中。

◆中国家庭料理蓮華

こだわり食材を使用した特製中華おせち

(れんげ。狭山市南入曽297の8。電04・2958・5123)
12月25日まで「蓮華特製おせち料理」2段重2万8000円の予約を受付中。こだわりぬいた食材を使って贅沢に仕上げました。活蝦夷鮑のオイスターソース肝香り旨味煮、蟹爪の海老すり身錦揚げ、天然赤海老のチリソースなど。店頭引き渡しは、12月31日午前11時〜午後1時。

◆花蔵

手づくりのおいしさを大みそかにお届け

(東松山市新郷88の10。電0120・201431)
毎年好評「花蔵のおせち」の予約を受け付け中(個数限定)。おせち料理三つ重ね(4〜5人用)=写真=2万3000円、おせち料理二つ重ね(2〜3人用)1万3500円。厳選した食材で保存料を使わずに手づくり。12月31日の朝に作りたてを詰めて、当日お届け(午前9時〜午後4時)。埼玉県内配達無料。「東松山花蔵」で検索。

◆釜めし奈加

料亭ならではの伊勢海老入り豪華三段重 三段重 19.5 ㎝四方× 高さ19.7 ㎝

(所沢市西狭山ケ丘1の2475の5。電04・2948・6530)
「特撰料亭おせち」は、保存料を使用せずに伝統の技法で日持ち可能に仕上げた料亭ならではの伊勢海老入り豪華三段重。通常3万円以上の内容を「1年の感謝を込めて」、2万5000円で提供。予約は限定数に達し次第終了。店頭での引き渡しは12月31日。「ショッパー見た」で1000円分の食事券進呈。


きらり輝くひと・まち 無理なく〝いきいき〞と音楽と子育てを楽しむ

子育て中の女性のためのブラスバンド!
マザーズバンドvivo

「学生時代は吹奏楽をやっていたけれど、最近は楽器をしまい込んだまま」「子どもが小さいから」とあきらめている人はいませんか。坂戸・鶴ケ島を拠点に〝イキイキ〟と活動しているママさんブラスバンドサークルがあります。

練習は真剣。学生時代の部活動に戻ったよう。見学も受け付けます

マザーズバンドvivo(ヴィーヴォ)は「子育て中の女性のために」と10年前に結成したブラスバンド。当初16人だったメンバーも今では約40人。「子どもが小さく目が離せない時期に、このバンドサークルと出合ったことで音楽と子育ての両方を楽しむことができました」と当時を振り返る代表の伊藤夕子さん。現在は、鶴ケ島市内の市民センターで活動。平日は月2回、土曜は月1回のペースで全体練習を行い、個人練習も実施。川越や毛呂山、上尾から通う人もいます。

未就学児も一緒に参加できます。「キッズタイム」で子どももリラックス

サークル名の通り、メンバー全員が「無理なく〝いきいきと〞楽しむ」をモットーにしているので、週末だけの参加や練習途中で抜けることも自由。0歳児同伴でも気兼ねなく参加できます。練習中に子どもが泣いたり、騒いだりしても周囲
のみんなが温かくサポート。練習時間に小さな子どもたちが飽きずに過ごせるように絵本や工作時間を設けた「キッズタイム」もあります。

来年7月、恒例のファミリーコンサートを予定

「〇〇君・〇〇ちゃんのママと呼ばれることはなく、大人になってから共通の趣味を持った自分の友達が作れることが嬉しい。お互いあだ名で呼び合っています」「年代も幅広いので、子どものことでは先々の情報交換もできて、家事や子育てに追われている中で、息抜きになっています」とメンバーの明るい笑顔と元気な笑い声が印象的。しかし、ひとたび演奏となると真剣そのもの。トランペットやフルート、クラリネットなど、息の合った迫力ある演奏を披露してくれます。来年7月には、毎年恒例のファミリーコンサートを開催予定。未就学児も一緒に楽しめます。

問い合わせは伊藤さん(電049・284・0206)へ。詳しくはホームページを。


上手に買って上手に保存 食材の買い物に役立てて…

年末・正月を迎える準備のために買い出しを始める時季。年末は市場が休みに入ることもあり、食材を買い込み、保存しておくことが必須。肉や魚、野菜の食材選びや保存方法のこつについて、地元の専門家に話を聞きました。

肉選びは飼育状態も参考に

「こめ育ち豚の脂は体によいといわれるリノール酸が含まれます」と加川さん

生活クラブ生協デポー町田(町田市成瀬が丘2の27の1。電042・706・0360)の加川佐智子さん

品質がしっかりと表示された豚バラ肉、鶏モモ肉、鶏ササミ

「安全、環境、健康」をテーマとする生協の店では生鮮食料品を中心に約2000品目を取り扱い。
肉選びは、餌や環境といった飼育状態が重要。雑煮や煮物には柔らかく脂がある鶏モモ肉、茶碗蒸しにはササミ。豚の角煮はバラ肉がお薦め。「豚肉の価値は脂肪の質で決まります」と話す加川さん。消費期限を過ぎる保存は冷凍にしておきましょう。


早めに買い土で保存できる物も

井上さんが両手に持つ採ったばかりの葉付き大根は新鮮さが一目瞭然

井上農園(大和市中央林間3の8の1=直売所。電090・9645・5511)の井上和義さん

露地やハウスもの等、1つ1つ大切に育てた野菜がそろいます

12月初旬から年末にかけては、おせち料理等に使う根菜類が人気です。大根は、ひげ根の穴が少なく、触ったときに堅く、はりと艶があり、重みのあるものがお薦め。泥つきのゴボウ、長ネギ、ニンジン、サトイモは、プランター等の土の中で保存できるので早めの購入も可。火、土曜の午前10時半過ぎから朝採り品を中心に販売。年内は12月26日まで。


マグロのことならお任せ

よく研いだ包丁で切り身の面に沿って厚みをそろえて斜め切りします

マグロ専門マルハチ(JR町田駅ターミナル口近く仲見世商店街内。電042・729・5325)の小松一路さん

大トロ、中トロ、赤身ともに色がきれいなさくを選ぶのがこつ

八王子市卸売市場内でマグロ卸業を営むマルハチ水産直営の専門店。本マグロはじめ濃厚で身が締まりこくがあるインドマグロ、身が柔らかく甘みがあるメバチマグロは刺し身向き。冷凍マグロは水につけた後、常温で解凍。「切り方で味が変わりますから注意を」と小松さん。刺し身盛り合わせは1人前から受け付け。予約制で3000円から。


2 / 7012345...最後 »
お問い合わせ