埼玉県の記事一覧

1 / 4512345...最後 »

2017年2月17日

春の注目公演が目白押し! ウェスタ川越

人気キャラクターミュージカルからクラシック、伝統芸能まで

川越駅西口の新しい顔として、2015年に誕生した地域活力の創造拠点「ウェスタ川越」。中でも大ホールでは、さまざまな催しが行われています。今春注目の公演を紹介します。

代表的な二枚目の伊達男・御所五郎を海老蔵が演じる「海男伊達花廓」
© 安井信介

ウェスタ川越(川越市新宿町1の17の17、川越駅西口徒歩5分)の大ホールは約1700席。伝統芸能からバレエ、音楽まで多彩な演目に対応できるほか、可動する反射板によりクラシック専門ホールのような豊かな響きも実現しました。 続きを読む »


英語の力で世界に羽ばたけ! 子ども向け英語教室を紹介

未来へのさまざまな可能性を秘めた子どもたち。世界で活躍するために英語の力がますます重要視されています。地元の子ども向け英語教室を紹介します。

楽しみながら、自分で学ぶ力を育てる英会話教室 「えいごでアートクラス」が人気

工作好きや、自己表現が苦手な子にお勧めの「えいごでアートクラス」


◆Beans Club(ビーンズ倶楽部。所沢市市寿町27の7、コンセールタワー2階。電080・4142・3240) 語彙や文法を教え込むのではなく、アートやゲーム、会話を通して楽しみながら自分で学ぶ力を育てる子ども英会話教室です。 続きを読む »


上尾に「まちの映画館」をつくる会 感動を届けて上尾を楽しい街に

上尾に「まちの映画館」をつくる会は、2011年の東日本大震災をきっかけに、同年6月から活動を始めました。ふるさと・上尾が幸福度の高いまちになるよう活動を積み重ね、夢の種まきをしています。

映画上映会で監督を迎えトークも。「抱擁」坂口香津美監督(右)と佐藤さん


「震災から学んだことは、普段からどういうまちをつくっているのかが、いざという時に大事だということでした」と同会を立ち上げた佐藤光敏さん。「普段から市民が集まれる場所があれば…」と思い始めたころ、深谷シネマの支配人との出会いがあり、「まちの映画館をつくろう!」と夢を描き始めました。 続きを読む »


“思い”あふれるグループが活動

地域の1人ひとりがつながり、笑顔になれるまちに。思いを込めた活動で、人の輪を広げ続けるNPO法人、市民グループに展望や夢をうかがいました。

織り物づくりを通じて障害のある人と地域をつなぐ

織の音工房


パタパタ、トントン。縦糸に横糸が通るごとに、カラフルな模様が少しずつ織りあがっていきます。織の音(おりのね)工房(さいたま市北区宮原町3の473。電048・653・1355)は、織り物を通じて障害のある人たちの自立や社会参加を支援するNPO法人織の音アート・福祉協会が運営する工房。現在、約20人の利用者が作品づくりにはげんでいます。 続きを読む »


2017年2月10日

ハーブを取り入れて健やかな暮らしを

ハーブ教室HerbalMOMO主宰の園藤祐子さん

花粉症や風邪の対策にも

日々の食事で口にする物が、私たちの体を作ってくれています。自然の恵みを上手に取り入れて、心身共に健やかでいたいものですね。さいたま市でハーブの魅力を伝えている園藤祐子さんに、この時季ならではのお話をうかがいました。

HerbalMOMO主宰の園藤祐子さん(てらこや新都心で月に数日営む「薬草すうぷ屋」で)。


金融機関を退職後、南房総の農園で6年間ハーブの栽培に携わった園藤さん。そこでハーブや畑の土など自然の力が心と体を整えてくれたことを実感し、この経験を生かしたいと2008年にさいたま市で“畑のあるハーブの学び舎”Herba lMOMO(ハーバルモモ。大宮区寿能町。電090・2413・7060)を立ち上げ、ハーブの魅力を伝え続けています。 続きを読む »


1 / 4512345...最後 »