ふじみ野版の記事一覧

1 / 912345...最後 »

2017年2月17日

春の注目公演が目白押し! ウェスタ川越

人気キャラクターミュージカルからクラシック、伝統芸能まで

川越駅西口の新しい顔として、2015年に誕生した地域活力の創造拠点「ウェスタ川越」。中でも大ホールでは、さまざまな催しが行われています。今春注目の公演を紹介します。

代表的な二枚目の伊達男・御所五郎を海老蔵が演じる「海男伊達花廓」
© 安井信介

ウェスタ川越(川越市新宿町1の17の17、川越駅西口徒歩5分)の大ホールは約1700席。伝統芸能からバレエ、音楽まで多彩な演目に対応できるほか、可動する反射板によりクラシック専門ホールのような豊かな響きも実現しました。 続きを読む »


2017年2月10日

子どもたちの輝く笑顔を! 子どもたちの笑顔が輝く季節に向けて、入園・入学応援情報をお届けします。

入園入学の記念撮影を実施
クーポン持参で割引きも


モリタ写真館(坂戸市日の出町1の23、STEPS2階。電049・283・9123)は、和やかで楽しい雰囲気で入園入学の記念撮影をしています(予約制)。 続きを読む »


2017年2月3日

蔵のまちで楽しむ “古きよき味わい”  元祖武蔵野うどん  めんこや小江戸店

時の鐘近くにオープン お土産用に持ち帰りも用意

昔ながらの“武蔵野うどん”の味を守り続けるうどん店が昨年、時鐘近くに誕生しました。どこか懐かしい味わいを小江戸情緒漂う蔵のまちで、楽しんでみませんか。


 手打ちと天然素材にこだわったうどんは、お腹と心にやさしい味です。
 「肉汁うどん」(上)
 「京風カレーうどん」。



昨年12月、オープンした「元祖武蔵野うどん めんこや小江戸店」(川越市大手町5の1。電049 ・298・7371)。市内鴨田にある本店は、昔ながらの武蔵野うどんが味わえる店としておなじみで、利用客から2号店への期待が高まる中での待望の新店となりました。 続きを読む »


2017年1月27日

読者モデルがストレスフリーの節約法を披露

おせち、お年賀、お年玉…と、お正月に張り込んだ分を、当面は節約でしのごうという人も多いのでは。そこで、ショッパー読者モデル対象に座談会を開き節約術を語っていただきました。前向きで楽しい知恵・ワザ・工夫がいっぱいです。

読者モデルの皆さんとショッパー記者。「節約は我慢でなく楽しむもの」


児童の書道やペン習字の講師を務め、趣味は声楽という清水さん。マラソンが趣味で、ある大会で5キロ走ったばかりという立石さん。かわいがっているワンちゃんの介護があるため、市の文章講座で学び、在宅の仕事も始めたばかりです。一番年下、20代の熊木さんの趣味はおでかけや食べ歩き。歌や運動、料理と幅広く楽しんでいます。 続きを読む »


2017年1月20日

子どもと気軽に図書館へ! 育児コンシェルジュがサポートします

図書館は、静かに過ごさなければいけない場所というイメージがあります。育児コンシェルジュがサポートしてくれるので、子連れでも気軽に利用できる図書館があります。

広々とした会場で子どもも伸び伸び楽しめる「おはなし会」


ふじみ野市立上福岡図書館(ふじみ野市上野台3の3の1。電049・262・3710)では毎週水、金曜午前11時から、0歳から参加できる「おはなし会」を開催しています。「本+α として地域の役に立つ図書館でありたいと考えています」と話す田中一館長。 続きを読む »


1 / 912345...最後 »