ショッパー2222号記念!三遊亭円楽 独演会

川越中央版の記事一覧

1 / 2012345...最後 »

2018年9月21日

ぶらり散歩!秋の花めぐり

秋の風に誘われてのんびり散歩なんていかがですか。見頃を迎える秋の花スポットを紹介します。

ぶらり散歩!秋の花めぐり金山神社境内に自生する 埼玉県指定天然記念物「ステゴビル」

埼玉県指定天然記念物「ステゴビル」


 金山神社(坂戸市新堀)の境内に、可憐で小さな白い花をつける「ステゴビル(捨て小蒜)」が自生しています。食用にもならず、人が見向きもしなかったことから、この名が付けられたといわれています。
 明治39年に、坂戸市入西小学校の長島伝十郎先生が発見したユリ科の多年草で、花茎は約20㌢で花弁は6枚。現在、埼玉県内では、坂戸市と秩父市の2カ所でしか確認されておらず、めったに見る事が出来ない貴重な植物で、県指定天然記念物に指定されています。地元の保存会が柵を立て、草むしりを行うなど希少種の保存活動を行っています。開花時期は短く、お彼岸の頃に見ごろを迎えます。問い合わせは坂戸市教育委員会社会教育課(電049・283・1473)へ。

黄色やオレンジのコスモスが広がる花畑

黄色やオレンジなど4種類のコスモスが咲き誇ります


 伊佐沼公園(川越市古谷上2222)周辺に、コスモスが一面に広がっています。伊佐沼は埼玉県で1番大きな自然沼で遊歩道も完備されています。散歩やジョギングコースとしても人気です。
 平成25年から農地だった一部の場所を花畑として整備。今の時期は、フレンチマリーゴールド、アフリカンマリーゴールド、黄花、矮性のコスモスの4種類を観賞することができ、コスモス畑の中に入り花摘みを楽しむこともできます。見ごろは10月下旬頃まで。春は菜の花、夏はヒマワリと季節を通して花を楽しめるスポットになっています。駐車場もあり。問い合わせは川越市都市計画部公園整備課(電049・224・5965)へ

農村景観を守り続ける〝高倉〞に咲くコスモス

コスモスを眺めながらゆったり散歩を楽しめます


 鶴ケ島市農業交流センター(鶴ケ島市高倉534の3。電049・279・3335)の南側にある小道に沿って、10月中旬〜下旬にかけて、ピンクや紫、白など色とりどりのコスモスが咲き誇ります(幅約2㍍、長さ約300㍍)。毎年、コスモスを眺めながら散歩を楽しむ人の姿も見られるそうです。
 自然豊かな緑と水辺が織りなす〝高倉〞の農村景観を守り育てていこうと活動している「高倉ふるさとづくりの会」が中心となり、草刈りや種まきを行っています。春は、桜や菜の花畑が広がることでも知られていますが、一年通して花を楽しめる空間づくりを目指しています。すぐ近くには、自然再生した飯盛川が流れ、川遊びも楽しめます。


2018年9月14日

川越を音楽であふれるまちに!「第8回大学ビッグバンド・ ジャズフェスティバル」

川越の秋の風物詩
東日本大震災津波遺児募金チャリティー
9月29・30日ウェスタ川越で開催

 川越の秋の風物詩「大学ビッグバンド・ジャズフェスティバル」が9月29、30日にウェスタ川越で開催。若さあふれる演奏で秋の川越を音楽で彩ります。

 2011年から毎年秋の2日間に開かれ、年々盛り上がりを見せている「大学ビッグバンド・ジャズフェスティバル」。主催するアマチュア・ミュージック・フェスティバル(AMF)実行委員会は「川越を音楽であふれるまちに」との思いを持つ有志により組織された団体で、100人の会員で運営、川越を音楽イベントで盛り上げています。
 第8回目を迎える今年の「東日本大震災津波遺児募金チャリティー 大学ビッグバンド・ジャズフェスティバル」は9月29日、30日午後1時から、ウェスタ川越(川越市新宿町1 の17の17、JR川越駅西口徒歩約5分)で開催。首都圏や地元の大学、高校を含めて21校が参加します。「選曲は大学と打ち合わせをして、お客様に喜んでいただけるように、スタンダードジャズなども取り入れています。ぜひお楽しみください」と同実行委員会。

秋の川越を音楽で彩る「大学ビッグバンド・ジャズフェスティバル」。
ジャズファンを魅了しています(写真は前回撮影)

 29日は招待校として、中学生を中心に約100人で結成されている南古谷ウインドオーケストラ、市立川越高校、県立川越高校が参加。大学の出演は、尚美学園大学、東洋大学、東京国際大学、昭和音楽大学、洗足学園音楽大学、国立音楽大学、東邦音楽大学。30日は学習院大学、芝浦工業大学、日本大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、法政大学、慶應義塾大学、中央大学、早稲田大学、立教大学が出演します。
 入場料は一般2000円、学生1000円。チケットは東武線各駅(池袋、成増、志木、上福岡、川越、坂戸、大宮)定期券売り場、ウェスタ川越、チケットぴあで販売中。売り上げの一部は、あしなが育英会を通して津波遺児支援に役立てられます。問い合わせは事務局(茶陶苑内=電0 4 9・222・0046)へ。


2018年9月7日

「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2018川越」9月15日~16日、川越水上公園で

がん制圧への願いを込めたチャリティーイベントが10周年〝ひとりじゃない〟をテーマに命のリレー

がん征圧に向けた世界共通のチャリティーイベント「第10回リレー・フォー・ライフ・ジャパン2018川越」が9月15日~16日に開催されます。今回は活動10年目を迎える記念の年。前へと歩みをすすめる、さまざまな催しが企画されています。

開催10周年を迎える「RFLJ川越」。今年は城西大学吹奏楽部のオープニング演奏で幕を開けます(写真は全て昨年撮影)

リレー・フォー・ライイフはがん患者、家族、遺族、支援者たちが公園やグラウンドを会場に時間にわたり交代で歩き、がん征圧への願いを込めて絆を深め合うチャリティーイベント。1985年にアメリカで始まり、現在は全米5000カ所以上、世界カ国以上で行われるようになりました。

その活動周年となる「リレー・フォー・ライフジャパン2018川越」は9月日午後1時〜日午後1時、川越水上公園(川越市池辺880)芝生広場で夜通し開催。「ひとりじゃないこれからもずっとそばにいるよ」をテーマに行われます。
 「2009年に数名で始まった命のリレーが周年を迎え、大きな流れとなってきました。同じ方向を見つめて、ともに前へ歩んでいければ」と同実行委員会。がんとの闘いを呼びかけて参加チームが歩く「リレーウォーク」を中心に、さまざまな催しを企画。がん啓発スモールセミナーでは、3人のステージ4のがん患者が登壇します。

 ▼「免疫力を上げる笑いヨガ」=日午後3時。メイン講師に産業カウンセラーの浜信さん、サブ講師はステージ4のがん患者で、NPO法人みらいねっと代表理事の谷口雅恵さん▼「年。私と共に歩むがんと言う反逆者」=日午後4時半。
ステージ4の多重がん患者・加藤礼子さんの体験談▼「がんになっても生活を守るための医療〜ステージ4がん患者が医師・薬剤師と実践していること〜」=日午前9時分。講師は患医ねっと代表の鈴木信行さん。

10周年記念企画 10th記念ソングやRFLJさいたまから横断幕をリレー

亡くなった人への追悼、自分の決意、闘病中の人へのメッセージをルミナリエバッグ(1個500円)に書いて黙とうを捧げる「ルミナリエセレモニー」も行われます

そのほか、音楽などのステージイベントがあるほか、周年を記念した企画も。川越出身のシンガーソングライター・halによる「RFLJ川越周年記念ソング」を16日午前10時40分から披露します。
 また、埼玉県健康づくり事業団、RFLJさいたま実行委員会、RFLJ川越実行委員会連名による周年記念横断幕を制作。「第回リレー・フォー・ライフ・ジャパン2018さいたま」(9月8〜9日開催)の開会式のサバイバーズラップで手形フラッグと共にウォークし、閉会式ではさいたまから川越へ横断幕のリレー(エール交換)をします。「同一県内の複数地域で年開催が続いているのは、埼玉県だけ。お互いの思いをつないでいきたい」と話しています。
雨天決行、荒天中止。入場無料ですが、できれば会場で1000円ほどの寄付を。問い合わせは事務局(電049・235・0878)か、ホームページ(「川越 リレー」で検索)を。募金はイベント運営費を除く全てが、公益財団法人日本対がん協会のがん支援活動に寄付されます。


2018年8月31日

美しい景観で心穏やかなひととき

古き良き時代を感じる建物に日本庭園。素敵な景色を眺めてゆったり過ごせます。

明治時代に造られた200坪の日本庭園で四季を感じる 丹徳庭園

今年5月28 日から公開された「丹徳庭園」。ゆっくりと時間が流れ、街なかにあることを忘れてしまいそう

丹徳庭園(川越市六軒町1の8の2。電049・224・9115)は、小江戸川越に静かにたたずむ明治の香り残る200坪の日本庭園。四季折々の美しさを感じながら、くつろぎの時間を過ごせます。

丹徳の歴史は、初代鈴木徳次郎が修行していた材木商からのれんわけで譲り受け、明治2年に開いた「丹波屋」が始まり。枯山水庭園には初代徳次郎が明治31年に京都の伏見稲荷に参拝し、正一位稲荷大明神霊をいただいた「寿徳明神」が残されています。

抹茶体験も楽しみ

「120年間、家を守ってくれているお稲荷さんです。枯山水庭園は井戸から豊富に水があふれ、たくさんの財宝を積んだ宝船がもうすぐ岸に着くという縁起の良い絵姿のもの。ゆっくりご覧ください」と鈴木さん。入館料300円、小学生以下無料。日本の伝統文化を気軽に楽しめるように、抹茶体験も用意しています。和菓子付き600円。営業午前10時〜午後3時、火曜定休。

また、庭園2階の個室で1日1組限定のランチや同窓会、七五三のお祝い、法事などの貸切も。いずれも事前予約制。詳細は問い合わせを。

川越市指定文化財の 旧山崎家別邸でプロ ジェクションマッピング9月3〜9日

川越市指定文化財の旧山崎家別邸

旧山崎家別邸(川越市松江町2の7の8)は、川越の老舗菓子店「亀屋」の5代目・山崎嘉七の隠居所として大正14年に建てられました。1階外観は吹付けモルタル塗りで、階段などに取り付けられたステンドグラスの数々も見どころ。洋館と和館、土蔵が複合した和洋折衷のデザインで、川越市指定文化財・国登録記念物名勝地に指定されています。

プロジェクションマッピングで大正時代にタイムスリップ

その旧山崎家別邸で、9月3〜9日午後5時半〜8時半にプロジェクションマッピングが開催されます。時は大正時代。同別邸の中で育った女性の幸せな生涯をサクラ、花火や風鈴、紅葉、雪など四季の移り変わりを感じながら楽しめる映像が約3分間流れます。入場料一般100円、高校、大学生50円、中学生以下は無料。イベント期間に浴衣や着物などで来場した人は入場料無料で観覧できます。

問い合わせは、川越市産業観光部観光課(電049・224・5940)へ。


2018年8月24日

ブランド化・地産地消を目指して広がり見せる「河越米」

 川越市ふるさと納税の返礼品にも使用されるなど、注目が高まっている「河越米」。そのブランド化事業を進めているお米専門店で、今年の取り組みを取材しました。

きらりと輝く ひと・まち
小江戸市場カネヒロ

「新米の河越米をぜひ味わってください」と五つ星お米マイスターの若林尚志さん

農林水産省認定の農産物登録検査機関でもある、小江戸市場カネヒロ(川越市大中居467の1。電0120・415387)が手掛けている「河越米」ブランド化事業。川越とその周辺契約農家が栽培したコシヒカリを五つ星マイスターが厳選、同店が検査を行い、一等米とされる品質の高さに信頼性を付与したものが「河越米」として店頭に並びます。
厳しい基準をクリアした「河越米」は食感の良さが特徴。家庭はもちろん、飲食店や老人ホーム、病院などでも使用されているほか、川越観光協会から小江戸川越ブランド産品としても認定されています。
さらに早場米・五百川を活用した「河越米」づくりも進んでいて、8月上旬に稲刈り、お盆前に収穫予定のため〝埼玉で一番早くとれる新米〞と言われています。「とれたての新米はみずみずしく、ふっくら。おいしさは格別ですよ」と日米連五つ星お米マイスターの若林尚志さん。
「河越米」は同店で白米2 ㌔9 9 9 円。インターネット(店名で検索)でも購入できるほか、小江戸蔵里(本川越駅近く)でもお土産用「河越米」を販売中

「河越米大型倉庫」を新設
8月25日「農産物マルシェ」開催

小江戸市場カネヒロの敷地内で「河越米大型倉庫」の建設が進んでいます

また同店では地産地消や地域貢献の一環として、600坪の敷地内に「河越米 大型倉庫」を新設しました。農産物登録検査のほか、災害時の備蓄機能を備えた倉庫で、8月25日午前8時〜正午に「オープン記念マルシェ」を開催。新米「河越米」試食販売を行い、来店者に新米1合プレゼント(1家族1合)のほか、こだわりの埼玉県産農産物を販売予定です。
「地産地消を推進することで、川越の農業の発展に協力できれば。そしてお米の稲作文化を後世に伝え、その食文化を海外にも発信していきたいですね」と意欲を見せています。


1 / 2012345...最後 »