ミュージカル パレード

大宮・さいたま新都心の記事一覧

1 / 1212345...最後 »

2017年3月24日

桜の下で思い出づくりを 地元の名所で楽しもう!

やっぱり花見は近場の名所で。美しい桜の下で、仲間と、家族と春の思い出づくりをしませんか。

約1000本の桜が咲き誇る大宮公園

大宮公園


大宮公園(大宮区高鼻町4。大宮駅東口徒歩約20分、東武アーバンパークライン大宮公園駅・同北大宮駅徒歩約10分)は、日本さくら名所100選にも選ばれた、県内屈指のお花見スポット。ソメイヨシノを中心にヤマザクラ、カンヒザクラなど約1000本の桜が咲き誇ります。 続きを読む »


2017年3月17日

ブラインドサッカーの国際親善試合 3月20日ノーマライゼーションカップ開催

障がいのあるなしに関わらず
誰もが共に暮らせる社会を

障がいのある人もない人も一緒に楽しめるユニバーサルスポーツ「ブラインドサッカー」。全国に先駆けてノーマライゼーションの地域社会づくりを目指してきたさいたま市では、そのシンボルイベントとしてブラインドサッカーの国際親善試合を開催。5回目となる今年は、世界王者・ブラジル代表との対戦です。

世界レベルの迫力あるプレーが楽しめます


2011年に政令指定都市として初めて障がい者差別を禁止したノーマライゼーション条例を制定したさいたま市は、「障がいの有無に関わらず誰もが共に暮らせる社会=ノーマライゼーション社会」の実現を目指し、さまざまな取り組みを行ってきました。 続きを読む »


2017年3月10日

「災害に備え、負けない街に」市民団体が防災意識を高める活動

東日本大震災から6年が経とうとしています。みんなで災害に備え、災害に負けない街にするためには…。そんな思いでこつこつと地域で活動を続けている団体を訪ねました。

大切なペットを守るため
災害に備えた準備をチーム猫派

地域イベントで情報を発信


東日本大震災では、東京電力福島第一原子力発電所の事故により住民が一時避難をした後に警戒区域が設定され、ペットや家畜など多くの動物が取り残されました。さいたま市在住の大冨みゆきさんは、当時被災動物の救護活動に携わった経験から門田真由美さんら仲間と共に2013年に「チーム猫派(にゃっぱ)」を設立。災害によって飼い主とペットが離ればなれになる事のないよう、啓蒙活動を行っています。 続きを読む »


2017年3月3日

ショッパー読者モデル座談会 子どもの可能性を育てる 賢い「習い事」の選び方

まもなく、習い事デビューの春。子どもに「何を習わせようかな?」と考え始めるママパパも多いはず。少子化の世の中とはいえ、子ども向けの教室も星の数ほど。読者モデルのママさんたちに集まってもらい、習い事を選ぶポイントをテーマに座談会を開催しました。

左から、光太郎くんママ、由憲くんママ、一華ちゃんママ、明くんママ、ゆず奈ちゃんママ

自身の体験をわが子にも!

座談会に参加した読者モデルのママさんたちは、幼少期から多種多様な習い事を体験してきた「習い事のベテラン」たち。だからこそ、習い事の意義を感じ、子どものころ楽しかった事や、あこがれていた習い事を「是非わが子にも」という思いがあるようです。「好きなことを見つけて将来を自分で決めてほしいから」と口々に話すママたち。習い事を通じて、子どものチャレンジ精神や社会性を養うことも期待しています。

未就園児の場合、2人だけの時間が長くなってしまうので、習い事で外部と交流して、孤立感を解消できるメリットもあるという意見も出ました。 また、子どもの「やりたい」と親の「させたい」という気持ちが必ずしも一致するわけではありません。ゆず奈ちゃんママは、きれいな姿勢をつくるバレエを習わせたくて、バレエの動画を見せて興味を誘導。少し年上のお友達とも楽しくレッスンし、ますます社交的になったそうです。 続きを読む »


2017年2月24日

地元愛が集結した手作りイベント 人形のまち岩槻 まちかど雛めぐり

早春の岩槻のロングランイベント「まちかど雛めぐり」が2月25日~3月12日、岩槻駅東口周辺商店街で開催されます。14回目を迎え新しいスポットも登場。急行が停車するようになってアクセスがさらに便利になった岩槻に出かけてみませんか。

市内在住の子どもたちがおひな様に変身!(前回のパレードの様子)


「東武アーバンパークライン岩槻駅の新駅舎が完成して良かった」と話すのは、まちかど雛めぐり実行委員長の田中泰治さん。駅の東西連絡通路で雛めぐりのPRをしようと張り切っています。雛めぐりのオープニング当日に合わせて岩槻駅東口側に常設の観光案内所が開設されるので、街歩きを始める前に立ち寄って岩槻の情報収集をするのがお勧めです。 続きを読む »


1 / 1212345...最後 »