大相撲立川立飛場所

八王子南版の記事一覧

1 / 1912345...最後 »

2018年8月10日

はじめての高尾山、何度も行きたい高尾山

山の日特集

 8 月11 日は「山の日」。休日を利用して高尾山へ出掛ける人も多いかもしれません。そこで高尾山の魅力を知り尽くした高尾ビジターセンター解説員の加藤達也さんに話を聞きました。

写真提供・高尾登山電鉄

ー初めての山歩き、コースはどうやって選んだらいいですか?
高尾山には7つの自然研究路があります。初心者コースは1号路です。道はコンクリートで舗装され、木道などもあり歩きやすいコースです。もちろん自然も十分に楽しめるコースになっています。

ー山歩きならではのマナーやルールを教えてください。
細かくは9つの自然公園ルールがありますが、「自然に優しく、人に配慮し、安全な登山計画を」が大枠の基本的な概念です。

ー疲れない歩き方はありますか?
大股で歩かず、小股で歩くのが疲れにくく転びにくいです。ストックも活用し、膝や腰に負担を少なくする工夫も必要です。

ーどんな服装、持ち物で行ったらいいですか?
速乾性があり、着たり脱いだりしやすい服が良いです。日差しがなくても必ず帽子はかぶり、頭上からの落枝や落石から頭を守りましょう。靴は可能な限り登山靴やハイキングシューズがお薦めですが、お持ちでない場合は履きなれた運動靴が良いです。夏から秋にかけてハチが活発に動きますので黒い色の服装も避けましょう。

ー山での注意点は?
柵のない登山道では道脇は滑落する危険があります。しっかり足元を確認し、自分が進む先を見ながら行動してください。また、むやみにやぶの中に入ったりしないようにしましょう。高尾山は人がたくさん来る山です。他の登山者にも配慮し行動してください。特に暑い日はこまめに水分と塩分を摂取して、熱中症にご注意ください。

ー高尾山の魅力は何ですか?
都心から近い場所で、豊かな自然があり、個性的な研究路が整備され、気軽に自然を楽しめるところです。また、薬王院を中心とし、大昔から守られてきた自然環境があり、多くの草花や生き物たちと出合えることも魅力です。

ー高尾山のコアな楽しみ方は?
蛇滝コースやいろはの森コース、南高尾山稜など人が少ないコースは、静かな山歩きができます。ビアマウントが営業している期間中はケーブルカーの終電が遅くなります。安全に夜の霞台園地から都心の夜景を見ることができます。また、高尾山にはムササビが多く生息しています。日没から30分以内に巣穴から出てきて夜の森を移動します。運が良ければ、そんなムササビに出合えるかもしれません。※夜に入山する際は必ずヘッドライトを持参。

ー解説員さんからひとこと
高尾山は老若男女、さまざまな世代の方々に親しまれています。その秘密は、どの年齢層にも楽しめる要素を備え持っているからだと思います。何度来ても新しい発見がありますし、年を重ねても新たな興味が湧いてくる山です。山の日は各所でイベントをしますので、ぜひ高尾山にお越しください。山頂の高尾ビジターセンターにも遊びに来てくださいね。

高尾山のやまフェス

▲昨年時の様子

 京王電鉄は山の日に合わせ、8月11日、12日の午前9時〜午後4時、高尾山エリアを盛り上げるイベント「高尾山のやまフェスだ!」を開催します。

 高尾山口駅前に「高尾山 駅前はっけん広場」として複数のブースを設置。
高尾山に精通したガイドが個人に最適な登山コースの提案や登山のルールについてレクチャーする登山道案内ブースや、体重当てなど遊びながらムササビの生態をゲーム形式で学べるムササビ体験ブース、高尾山に住むサワガニに触れることができる水槽を用意したかにタッチブース、野鳥や植物・昆虫など高尾山に住む生き物について学べるブース、京王あそびの森HUGHUGのオリジナル缶バッチの製作ができる出張ワークショップ等、親子で一緒に楽しめるイベントも用意。

 TAKAO599ミュージアムでも山の日記念イベントが同時に行われます(8 月11日〜13日)。


2018年8月3日

お薬箱がしゃべるって?

「そろそろお薬飲む時間だよ」と声を掛け、薬の飲み忘れを防いでくれる薬箱型のコミュニケーションツール「スマイルメディくん」。開発した八王子市新町の会社・デジレクト(電042・686・0671)で代表取締役の五十嵐貞治さんに聞きました。

わかりやすく、かわいらしいものを

わかりやすく、かわいらしいものを

箱底には診察券なども収納可

「スマイルメディくん」は薬を飲む時刻を設定すると音声で教えてくれるほか、時間帯に応じてさまざまな健康ネタ等を話すなどいろいろな機能を持っています。手のひらに乗るほどの大きさは薬箱としては小さいのでは? と感じますが、そこに開発のポイントがあったようです。「当初、大手の玩具メーカーから企画を持ち込まれた時は、たくさんの機能が付いた大きな薬箱でした。ですが、私たちが目指してきたのは〝わかりやすく、かわいらしいものを作る〞ことですので、そこにこだわり、企画を修正していきました」と五十嵐さん。

話す声はスピードもゆっくり、温もりがある

余分な機能を取り、できるだけコンパクトにすることで操作はより簡単になり、身近に置けるサイズになりました。そして前面に丸い目と口を付けることで、四角い薬箱は「スマイルメディくん」になったのです。


コミュニケーションが大切

「アイデアは体を動かしている時などに浮かぶことが多いですね」と話す代表取締役の五十嵐貞治さん

 「お薬箱といっても、実は収納スペースはそれほどありません(笑)。大切なのはコミュニケーションなのです。この小さなメディくんが毎朝起こしてくれ、話し掛けてくれる。お客さまはそれに対して、薬を飲んだり、応答したりとアクションを起こします。いつもそばに置くことでメディくんと触れ合う時間ができ、自然なコミュニケーションが生まれるのだと思います」。
 2005年の創業以来、シニア向けの商品を企画・開発してきた同社の原点は産まれた時と同じ体重でできた縫いぐるみ「体重ベア」。予想していた〝子から親〞へのプレゼントではなく、〝親が子供〞へ孫の体重で作ったものを贈る需要が多かったことが、その後のシニア向け商品のヒントになったそう。2作目のくまの子「くーちゃん」は今ではちょっと懐かしい風合いも人気で、長く愛され続けています。


2018年7月27日

科学ってオモシロイ!

西緑地会館で楽しむ 地域の科学クラブ
西緑地科学クラブ

地域の子どもたちに自然科学に親しむ機会を作り、科学の面白さを伝えたいと、JAXA宇宙科学研究所名誉教授の山下雅道さんが2015年に設立した「西緑地科学クラブ」。いったいどんなクラブなの?活動の拠点となる西緑地会館を訪ねました。

子どもたちから「先生」と親しまれる穏やかな人柄の山下さん(左)

西緑地科学クラブを主宰する山下さんは定年退職後、理科離れの若い人たちにサイエンスの面白さを知ってもらいたい、科学に興味を持ち好きになってもらいたいという思いから、地域の科学クラブを立ち上げました。
 活動は月に3回。これまで研究してきた化学、物理、宇宙工学、生物学の知識と経験を活かし、子どもやその保護者を対象に、身近な題材を使った企画を行っています。
 小学生が放課後に通える平日の午後4時半からと、土曜か日曜の午前中に不定期に開かれ、日程等はWeb上で随時お知らせ。1回の企画は30分〜1時間程度。興味のあるテーマがあれば誰でも事前予約なしで参加でき、途中参加や早引きもOK。基本参加無料です。
 
 取材に行った日の企画は「押し葉のキャンドル作り」。紙コップに溶かしたろうそくを流し込み、自分の好きな押し葉をピンセットで貼り付けてオリジナルのキャンドルを作るというもの。ろうそくを溶かしたり、注いだりする作業は山下さんがやってくれるので小学生でも安心です。子どもたちはろうそくが固まるのが待ちきれない様子で、「お水に入れると早く固まるよ、実験してみる?」「だんだん白く固まってきた!」と興味津々。
 山下さんは「子どもが持っている可能性をできる限り伸ばすお手伝いができればと考えています。テーマによっては大人も楽しめる内容なので大人の参加も大歓迎。科学を楽しむ気持ちがあればどなたでも参加できます」と話してくれました。このクラブから、未来の科学者が誕生するかもしれません。

押し葉のキャンドル作り

❶紙コップの底に竹串で穴を開け、芯をセットする
❷溶かしたろうそくを注ぎ、いったん出して紙コップの内面にろうそくの層を作る
❸紙コップの内面に押し葉を貼り付けて模様を作り、再び溶かしたろうそくを注ぐ
❹水を入れた鍋につけるとろうそくが早く固まるかの実験中
❺表面が乾いたら紙コップをはがして、オリジナルキャンドルの完成!


西緑地科学クラブ
▶会場/西緑地会館(八王子市越野41‐2)
▶対象/誰でも。未就学児は保護者同伴で。小学生以上は保護者なしでも参加可(企画による)
▶アクセス/京王堀之内駅から徒歩15分
次回の企画は8月26日午前10時から「最新式ペットボトル水ロケット」。
夏休みの工作にも好適です。詳細は「西緑地科学クラブ」でWeb検索



2018年7月20日

世界一のプラネタリウムで 満天の星を

1億4000万個を越える星々を映し出し、最も多くの星を投映するとして世界一に認定されたプラネタリウムを有する多摩六都科学館(西東京市)、通称「ロクト」。科学の世界を体感できる展示室はワクワクがいっぱいです。

生解説が人気

直径27・5㍍の傾斜型ドームのプラネタリウム。リクライニングできる椅子は快適

投映機・ケイロンⅡの性能だけでなく、同館のプラネタリウムが人気なのは専門スタッフによる生解説を聴くことができること。7人のスタッフが毎回それぞれ工夫を凝らした語りをする中、「お客さまとのコミュニケーションを大切にしています」と話すのは浦智史さん。
取材時のプログラムでは「この星座は何の形に見えますか?」など観客に語りかける場面も。正解不正解ではなく、想像を巡らせながら星を見上げてほしいそうです。
時間帯によりドームスクリーンで上映される大型映像プログラムは、迫力の4K映像で臨場感もたっぷりです。


展示室「チャレンジの部屋」で人気なのは「ムーンウォーカー」(写真①)。地球の6分の1という月面の重力を疑似体験できるというもので、床を蹴り上げると自分の体が飛び跳ねるような感覚になります。
このほか、スペースシャトル・エンデバーの先端部分の実物大模型(②)は内部がジャングルジムのような構造になっているなど、遊び心にあふれています。続く「からだの部屋」では感覚ゲームやパズル、カプラブロックに挑戦してみては? 


乗りもの「進化の動物園」(③)では動物の進化の過程をドライブ気分で学べます。


夏は〝星×電車〞

7月21日から開催される「鉄道展2018たまろくステーション」では鉄道会社等とコラボした企画が盛りだくさん。生解説プラネタリウムでは「星を見に行こう」というテーマで、電車の運転席から見た眺めがドームに映し出され、飯能市付近や三峰口で見られる星空などが紹介されます。今年の夏は15年ぶりに火星が地球に大接近し、さらに土星、木星、金星と4つの惑星が並ぶ珍しい星空も期待できそう。ロクトで星の知識を高めてみては。


多摩六都科学館

西東京市芝久保町5-10-64
電話:042・469・6100
開館時間:午前9時半~午後5時(入館4時まで)
8月中は休館なしで5時半まで開館
詳細はホームページで


2018年7月13日

海のイベント大特集 7月16日は海の日

「海の日」にちなみ、今週号は八王子、日野からも気軽に行くことができるエリアのイベント情報をまとめて紹介します。海の風を感じながら夏の1日を過ごしてみては。

鎌倉花火大会

写真提供・鎌倉市観光協会

日時=7月24日(火)午後7時20分〜8時10分。予備日は7月25日(水)。場所=由比ガ浜海岸、材木座海岸。アクセス=鎌倉駅、和田塚駅、由比ヶ浜駅、長谷駅(江ノ島電鉄)から徒歩で海岸へ。

鎌倉の夏の風物詩・鎌倉花火大会は1948年に第1回目が開催され、今年、第70回を迎えます。海の花火大会ならではの水中花火は、扇のように広がり、水面に豪快な半円の花が咲いているかのようです。砂浜にもドーンという振が伝わるので迫力満点。昨年は約15万の人でにぎわいました。今年は約4000発の打ち上げを予定しています。

雨天・荒天・強風・高波などの場合は25日に順延。両日とも実施できない場合は中止。なお、若宮大路突き当たりの滑川交差点付近は大変混雑します。鎌倉市では材木座海岸、由比ガ浜海岸(坂ノ下寄り)での観覧を勧めています。

問い合わせは、鎌倉花火大会実行委員会事務局(鎌倉市観光協会内。電0467・23・3050)へ。


1 / 1912345...最後 »