大相撲立川立飛場所

町田・相模原版の記事一覧

1 / 1812345...最後 »

2018年7月13日

夏休みは生き物体験を 町田市・相模原市・大和市の施設

観察、触れる、学習等のイベント

間もなく子供達の夏休みが始まります。長い休みは、普段出来ないことに取り組むチャンス。今回は、町田市、相模原市、大和市で昆虫や生き物に関する小学生中心のイベントを特集します。観察したり、触ったり、学んだりのイベントに参加して、生き物体験をしてみませんか。

町田市民文学館ことばらんど(町田市原町田4の16の17。電042・739・3420)

ⒸTomoko Saishoji
舘野さんは偕成社刊の絵本「つちはんみょう」で2017年に第66 回小学館児童出版文化賞受賞

舘野鴻絵本原画展「ぼくの昆虫記―見つめた先にあったもの―」を7月14日〜9月24日開催。

秦野にアトリエを構える絵本作家が描いた小山田緑地等緑地や里山に生息する昆虫達の作品を展示します。入場無料。

7月14日午後1時から、舘野鴻〝すてきな音楽会とおはなし会〞。舘野さんの話、弦楽三重奏団による演奏等。幼児〜小学生とその保護者が対象で、先着50組100人。7月28日、8月18、25、9月1日各午後1時から、舘野さんが昆虫を描く様子が見られる公開制作。直接会場へ。他、会期中イベント多数、同館HP等で確認を。

県立相模原公園(相模原市南区下溝3277。電042・778・1653)

神秘的ながら生き生きと生物を写し出す松橋さんならではの写真

同市在住のネイチャーカメラマン松橋利光さんの写真展「里の生き物と日本のカエル」が、グリーンハウスで7月24日〜9月2日に開催されます。

7月29日午後1時半〜3時半に松橋さんを講師に迎え、体験講演会「里の生き物と動物の持ち方」を実施。定員50人。さらに8月5、26日の午後1時半〜3時半に観察会「公園で虫を探そう」。園内の草花や樹木と関わりながら生きている昆虫を探して観察します。小学生とその保護者が対象で、当日ナビステーションに集合。先着20人。講演会、観察会は事前申し込み。

写真展期間中は、トロピカルガーデンでは5、6種類の外国産カエルの生体展示、2階ギャラリーでは松橋さんが携わった児童図書約20冊の閲覧が可能。

泉の森自然観察センター・しらかしのいえ(大和市上草柳1728。電046・264・6633)

昼間見られない生き物の世界を佐々木さんの解説で見学。神秘的なセミの羽化を見られることも

8月11日午後7〜9時、「佐々木洋さんと夜の生きもの観察会」。テレビ番組でおなじみのプロ・ナチュラリストの佐々木さんの解説で、夏の夜の生きものを観察します。参加費500円。

先着30人、小学生以上が対象で、中学生以下は保護者同伴。電話または直接窓口で同センターへ申し込みを。

12日午後1時から、泉の森観察会「森林浴をしよう」は先着30人。19日(雨天時25日)午前10時から、ミニミニ観察会「このバッタ、なに?」は先着15人。どちらも参加無料で当日受け付け、小学3年生以下は保護者同伴。


2018年7月6日

趣味生かし気軽に出品できる手作り作品イベント 手作りの会代表の菅野明美さん

座間で11、12日に手作り雑貨&クラフトフェア

作り手の個性やこだわり、手作りならではの温もりが感じられる魅力たっぷりのハンドメード作品。1点物の作品がそろうイベントでは、気に入りの作品を探すわくわく感や手作り作家との出合いが楽しめると、年々人気が高まっています。趣味を生かして気軽に手作り作品が出品できるイベントを企画・運営する会があります。

新作のバッグを持ちながら手作りイベントの苦労話も笑顔で話す菅野さん

十数年前から手作りイベントを企画し、関東近郊で年間約50回を開催している手作りの会。代表の菅野明美さんは、カントリードールの作家として手芸の世界で活躍し、ホビーショー等の全国規模のイベントに出品していました。知名度を生かして何か企画してほしいとの周囲の要望で、16年前に、作家仲間に声を掛けて手作りイベントを開催することに。「関西では手芸好き主婦の趣味を生かしたイベントが広まりつつありましたが関東では初では」と当時を振り返る菅野さん。

回を重ねるごとに出展者も増え、現在の作家の登録数は全国から集まり、約1万7000件。近隣では町田や相模大野、小田急相模原、座間等で定期的に開催するまでに。毎回、エントリーして参加する人もいるほどです。

出品は布小物や和小物、アクセサリー、木工、レザー小物、編み物、羊毛フェルトやスイーツデコといった身近な作品が多く見られます。プリザーブドフラワーやハーバリウムの置物、多肉植物といったインテリア系販売も。会場ではカットクロス等の手芸材料ブースや、ワークショップが開かれることもあります。

ポーチ類の布小物の生地選び、柄の組み合わせは〝かわいい〞がポイント

菅野さんの出品はナチュラルな麻や綿、レースを使ってアレンジしたポーチやバッグ、マスク、ティッシュケースの布小物が中心で、普段使うものが多くそろい、価格は数百円から。季節に合わせてマフラーや通園・通学バッグ等も並びます。「作りたい人と買いたい人の双方に喜んでもらえる場となれば」と菅野さん。屋内型なので天気の心配がないこと、出品料を抑えているのが利点です。「毎回集客に苦労しますが、長く続けられるよう頑張っていきたい」とも。

「手作り雑貨&クラフトフェア」が、7月11日午前11時〜午後4時、12日午前10時〜午後3時にハーモニーホール座間で開催されます。

生活用品中心に洋服、布バッグや小物、アクセサリー、ガラスや革製品、子供向けグッズ等約10万点の手作り品が所狭しと並びます。1点物ばかりなので早めの来店がよさそうです。2日は先着150人に手作り品等をプレゼントします。

問い合わせは、主催の手作りの会(電080・3258・1700)へ。


2018年6月29日

11周年迎えトータルカーライフサポートが充実

届出済・軽未使用車専門店トータス相模原店

最近の自動車ディーラーはタイヤをはじめ携帯やカーナビゲーションの販売、保険等さまざまなサービスを展開。相模原に、軽自動車の販売から自動車保険の受け付け、車の修理や点検、さらには車検までが1本化され、安心・安全で車を守るためのトータルカーライフサポート(TCS)を充実させた車の専門店があります。

トータス相模原店展示場内のオイルチェンジカフェでは車の点検を待つことも

軽自動車に特化した届出済軽未使用車専門店の相模原市中央区東淵野辺4の11の5、トータス相模原店(電042・730・5535)が、11周年を迎えました。「安心・安全に車を利用してほしい」との同社の思いの1つとして、今年からは、関東運輸局長指定の指定自動車整備事業の取得で、車検の検査ができる工場となりました。

「購入後の車のメンテナンスサービスを充実させたい」と、2016年には展示場内にオイルチェンジカフェを開設。国家資格を持った整備士が、定期点検や傷、へこみといった車の修理を行う作業を、カフェでドリンクを飲みながら見学することができるようになっています。車検を自社工場で、70分でできるというスピーディーさも特徴です。

また、万が一の故障や事故の際には、全スタッフが自動車保険の資格を持っているので対応がスムーズ。店舗に連絡すると、レッカー手配や代車の対応ができる体制が整っています。

約100台の軽自動車が並ぶ展示場で自分に合った軽自動車探し

母親と共同で購入した女性からは「車のことに関して安心して任せられるのでよかった」との声も聞かれました。

同店は、届出済軽未使用車を一括仕入れで低価格で販売しながら、TCSサービスに力を注ぎ〝車のことならお任せ〞体制を構築し続けてきました。「地元に愛され続けるために、車の販売だけでなくお客様の声を反映しながらサービス面の充実をはかっていきたい」と同店の嶌田さん。


2018年6月22日

アートから無農薬野菜作りへ転身

おおるりファームの青木瑠璃さん夫妻

「地産地消の安全で安心な野菜を食べたい」と願う人が増えている昨今。ネットを利用して生産者から直接購入できる宅配サービスが誕生しています。サイトに登録し、無農薬野菜を販売している町田市の農業経営者がいます。「地産地消の安全で安心な野菜を食べたい」と願う人が増えている昨今。ネットを利用して生産者から直接購入できる宅配サービスが誕生しています。サイトに登録し、無農薬野菜を販売している町田市の農業経営者がいます。

町田市小山町の山間を開拓した畑で無農薬の野菜づくり

畑作業を楽しむ青木さん夫妻

国内でも農地あっせん制度の導入が早かった町田市が募集した農地利用集積円滑事業を利用し、5年前に農業を始めた町田市小山町138の3、おおるりファーム(電042・810・1382)の青木瑠璃さん夫妻。

青木さんは小さい頃から虫や植物、動物が好きで「もっと自然と対話しながら生活したい」と、デザイン、イラスト、絵画制作の仕事を休んで、自然循環型農業を目指しました。「農業は最初から楽しかったのですが、慣れない仕事で腰痛になったことと、販売先を自分で探すことが大変でした」と、苦労を語ります。アート作品を作る大変さと野菜を作る大変さは時に失敗がある点で似ているところがあり、作品作りで失敗しても落ち込まない精神力は農業でも生かされています。

チンゲンサイ、赤大根、山東菜、カブ、ニンジン、春菊、サトイモ等の旬の野菜

現在、野菜は年間100種類ほど生産。東京都のエコ農産物認証の品目数は限られますが、全品目で取り組んでいます。全国の農業経営者と会話しながら食材を買えるスマホアプリの「ポケットマルシェ」に出品し、こだわりの育て方で作った野菜を販売しています。

最近は農業研修等で尋ねてくる人も増え、オーガニックを目指すには休みはほとんどないので、好きでないと続けられないことを伝えています。

ファームでは旬の野菜セットを「ポケットマルシェ」で販売。また、収穫体験や料理教室も開催しています。HP「TABICA」で検索を。


2018年6月15日

色やアクセサリー、小物にこだわりおしゃれな男性が登場  金田徳煥さん・トレビシャドさん・川畑友⺇さん

「おしゃれな男性特集」を、今年も紹介します。歯科医師、レストラン店主、美容師……。さまざまな業種で活躍する男性達がおしゃれのこだわりを披露。6月17日の父の日には〝お父さん〞を変身させてみませんか。

☆かねだ歯科診療室院長の金田徳煥さん(淵野辺駅北口近く。電042・759・1418)

お気に入りのキャップにリュック姿でランチに出掛ける金田徳煥さん

半袖Tシャツにジーンズを合わせた爽やかなカジュアルが基本です。

医療に従事する仕事柄、清潔感を大切に、服選びをします。特に機能性と素材を重視した白糸のTシャツが多いとのこと。ダメージ加工も好きだけれど、汚く見えないことがパンツを選ぶポイント。

色を切り替えたこだわりスニーカーが、おしゃれ。ナイキ等ブランドの限定品を探すことも。やわらかく見えるように選んだオリバーピープルズの眼鏡にも気配りが感じられます。

高校3年の長男と服の共有も。父の日に4人の子供達からの手紙や絵のプレゼントが楽しみ。

☆トレビノカフェ代表のトレビシャドさん(町田市金井2の8の17。電042・735・1213)

まき窯でピザを焼く姿もファッショナブルなトレビ シャドさん

趣味の域を超えるほどの腕前を持つゴルフはファッションにも影響。普段もゴルフウエアを着ることも多いですが〝決めたいとき〞は、イタリア人のセンスを発揮。太陽のようなオレンジ色のシャツに赤いパンツの組み合わせは、日本人にはなかなか難しい着こなし。店内で販売しているスワロフスキーをあしらったベルトが毎日鍛えている体をより引き締めます。アクセサリーが肌になじむのは「服によって変え、寝るとき以外ずっとしている」から。まき窯でピザを焼く姿までファッショナブルです。

☆美容室ヘアデザインランブラス代表の川畑友⺇さん(相模原市南区相模大野5の27の15。電042・767・2667)

レインブーツにレインコート姿がおしゃれな川畑友⺇さん

美容師歴38年。熟練の技術で客のニーズに応えます。職業柄、ファッションには敏感ですが、50歳を過ぎて決めたことは「そつなく格好が決まるジーパンを、あえてはか
ない」。季節を意識したゼロからの服選びにこだわります。師匠に叩き込まれた「本物に触れ、夢中になる」は仕事だけでなくファッションでも実践。雨降りの日は赤色の縁取りがアクセントのレインブーツに、英国製のレインコートがポイント。物持ちの良さが自慢で「物を大切にする人は人も大切にする」と笑顔。


1 / 1812345...最後 »