ショッパー2222号記念!三遊亭円楽 独演会

町田・相模原版の記事一覧

1 / 2012345...最後 »

2018年9月21日

女性同士で気軽に立ち飲み蔵家SAKE LABO

 本格的な料理を食べながら酒が楽しめる立ち飲み洋風居酒屋、バルが若い女性達の話題に。周辺でも気軽に寄れる立ち飲み店が増え、最近では居酒屋も女性が利用しやすく、しゃれた雰囲気に変化してきました。仕事帰りや、1・5次会でのショート利用が増えています。開店1周年を迎えて、酒好きに人気の立ち飲み居酒屋があります。

酒の魅力を発信・酒好きが集まる場として利用

いぶりがっこととびこの食感が楽しめる黄金ポテトサラダを〝アテ〟に女子会

 「酒を呑める、買える、楽しめる」をコンセプトにした町田市中町1の1の4のスタイリッシュな立ち飲み屋、蔵家SAKE LABO。同市木曽にある酒屋、リカーポート蔵家のフラッグシップ店としてオープンし、8月で1周年を迎えました。同店代表の浅沼芳征さんは「蔵元や生産者の酒に対する情熱を発信する場、酒好きが集まりコミュニケーションできる場にしたい」と、店に込めた思いを話します。
 木の温もりを感じるカウンターにアンティーク調の照明とコンクリートの壁とのコントラストがしゃれた空間で、女性が1人でも入りやすい雰囲気になっています。
 全国の取引先の蔵元から、定番や季節のこだわりの日本酒、焼酎、ワインが週替わりで入荷。酒は45㍉㍑200円前後から用意。「全国の頑張る蔵元と一緒に酒の普及ができれば」と浅沼さんは話します。
 秋は長野県の「神渡 豊香 秋あがり別囲 純米」や高知県の「酔鯨 秋あがり純米吟醸吟麗」等といった蔵元から直接仕入れた珍しい日本酒がそろいます。酸化防止サーバーで管理した日本酒やワインは自分で注ぐことができ、飲み比べも楽しめると好評です。

人気のおつまみ3種盛り合わせはじめ季節で酒にあう〝アテ〟がいろいろ


 酒屋ならではの〝創作のアテ〞も各種。仕込みごとに酒かすの種類が変わる「酒粕もつ煮込み」230円は人気。ワインに合う「らっきょパルメザン」や「アボカドの浅漬け」は各200円。低温調理のレバー・ハツ・タンはじめ、馬肉マイスターが〝極選〞した馬肉生ハムや馬ハラミのローストも酒に合うと評判。10月からは、ショウガじょうゆで食べる合わせだしのおでん盛り390円も登場します。季節に合わせた〝アテ〞も楽しみの一つです。
 「弊社は飲食店という意識ではなく、プロモーション店として飲食店オーナーにも来店し試飲いただき、さまざまな角度から酒の提案をさせていただければ」と浅沼さん。また蔵家クラブ会員向けには、酒蔵見学やセミナー、料理教室等のイベントを開いています。「酒を通してコミュニケーションを広げ、日常を豊かで楽しいものにし、さらに町全体を盛り上げていきたい」と夢を膨らませます。 壁面には酒類が並び、飲んだ酒やつまみの販売もしています。
 営業物販午後2時(飲食5 時)〜11時。無休。電042・709・3628。


2018年9月14日

オリジナル切り絵を考案 町田市在住の切り絵作家、耕雲さん

カテゴリ: 町田・相模原版
 趣味を持って何かに取り組むことは、何歳になっても大切なこと。70 歳を過ぎてから、ボールペンの線画を切り抜く独自の切り絵技法を考案し、プロの切り絵作家を目指す耕雲さん。9月末に出品する作品展を控え、創作活動にも熱が入ります。

さがみはら国際交流フェスティバルに出展も

作品と同じデザインの手作りTシャツ姿でインタビューを受ける耕雲さん

 今年10月に73歳を迎える耕雲さん(本名・田村耕治さん)は、現在プロの切り絵作家を目指し活動中。70歳を過ぎて、古希の手習いでボールペンで年賀状用の羊を描き、切り絵にしたのがきっかけでした。
 若いころに、劇画作家を目指したこともある耕雲さん。内面心理を描写したリアルタッチの劇画表現は得意。その描き方を生かして、ボールペンで線を描き、動きや奥行き、影を表現。白い部分をデザインナイフ1本で切り抜いて糸のような線で細密画のような切り絵作品を作ります。
 作品の大きさはA4サイズが中心で、集中力と根気のいる作業を毎日、朝から約5時間程度、約50 時間を掛けて仕上げます。

鳳凰(ほうおう)といろいろな時代の人物を描いた「時のスクランブル交差点」

 歴史上の人物や神話のエピソードをコミカルに取り上げる作品はドラマチックで迫力がありますが、見る側が楽しめるような工夫も。例えば作品の「龍虎の戦い」では竜とトラが囲碁対決ではなく五目並べをしていて風神と雷神が見守っている姿を描きました。「自分自身も楽しみながら作っていますから」と、耕雲さんはさまざまなアイデアを作品に生かします。
 9月30日には、淵野辺駅南口側のプロミティふちのべで開かれる「さがみはら国際交流フェスティバル」に出展します。好評だった昨年に続き、今年は新作の「龍と龍」を含めた切り絵作品約20点を展示します。入場無料。
 耕雲さんへの連絡はtwitterで。


2018年9月7日

初秋にお薦めのスポットいろいろ 畳のへりを雑貨小物にアレンジ

 畳部屋の住宅が少なくなる一方で︑子供が遊ぶ場所等として限られたスペースに畳を敷いて利用することも増えてきました。おしゃれなへりの柄が増えたことも一因のようで、畳のへりを使った手作り雑貨が人気になっています。畳のへりを使ったバッグや小物は独特の良さがあり、軽量で耐久性があるのも特徴です。

手芸愛好者向けにへりの販売も

●板垣畳店(相模原市南区古淵4の36の10︒電042・742・1756) 父親の代から畳表を使って一輪挿しや状挿し等をインテリア向けに作っていましたが「畳の良さを知ってもらうため外に持っていける物を」と店主の板垣さんが、3000円からオーダーできるスマートフォンカバーやブックカバー1000円、カバン3000円を手掛けるように。縁取りに、畳のへりを配し、手に触れる部分は畳表というこだわりで、イ草の手触りと、香りが楽しめて、クッション性も特徴のカバー類、中央に市松模様の畳表、持ち手に同じ柄のへりを組み合わせたモダンなバッグの他、畳職人の技術を要する円形に仕上げた畳シートは可愛らしい肉球形で2990円等。畳のへりは常時30種類ほどあり、1㍍300円。

畳表を使ったカードケースや、ヘリを使ったバッグ等を手作りする板垣畳店

●タナカインテリア
(相模原市中央区相模原6の25、西門交差点近く。電042・752・0457 )インテリアメーカーの取引先の紹介で、畳のへりを使ったバッグを取り扱うようになりました。
市松模様のように編み込んだタイプ、へりの部分を縫い合わせてフリルのようにしたデザイン、取っ手部分をアクリル素材にした1点もの等しゃれたバッグは、手提げが中心で各4104円。裏地にカーテン地を使用して、より丈夫に仕上げてあるのが特徴的。
和柄や無地柄の畳のへり地は約種類で1㍍各734円。

しゃれたバッグや和柄の畳のへりが並ぶタナカインテリア

●萩原製畳(相模原市中央区高根2の1の18。電0120・084153)
 畳のへりは店頭にリボンのように並べ、今月から販売を始めました。1㍍200円から。色鮮やかな柄を利用し、女性に好まれるような可愛らしいグッズを作っています。今年から近隣の手作りフェア等に出品するように。大きな柄が印象的なヘアゴム200円をはじめ、化粧品等を入れるポーチ1500円、御朱印帳が入るバッグ1500円が新登場。「洋服にも着物にも合う模様が他にはない魅力」と製作をする萩原麻也子さん。10月14日に淵野辺駅北口デッキ他で開催の手作りマルシェに出店。

モダン柄の畳のへりを使った御朱印バッグや小物がそろう萩原製畳


2018年8月31日

点心師がつくる本格的点心をどうぞ 点心爛漫がオープン

 中国料理でギョーザ、シューマイ、春巻きといった軽食と、月餅や杏仁豆腐、中華まんじゅう等菓子類やデザートのことを点心といいます。視覚的・味覚的にも楽しい点心師がつくる点心を気軽に食べられる専門店ができました。

点心3種を読者サービス

大きな窓から光が入り落ち着いた雰囲気の店内で楽しむデザートブッフェ

 JR町田駅南口側、ホテルラポール千寿閣1階に、こだわり点心と本格中華が楽しめる点心爛漫(てんしんらんまん。電042・749・8937)が、7月にオープン。1994年、座間市で創業した本格広東料理店、皇華蘭の姉妹店で、この道35年以上の料理長と、香港で経験を積んだ点心師がつくるこだわり点心と本格中華の店です。「見て楽しい、食べておいしい、体に優しい点心と本格中華料理を提供したい」と同店代表の白川哲也さん。

 一番のお薦めは点心師がつくる点心コース2700円。ひよこの形をしたピロシキ等の前菜と担々麺、デザート付きの手軽なコースで、〝ママ会〞や女子会にぴったり。

 午前11時半〜午後3時のランチは麻婆豆腐にスープ、ライス、コーヒー付きで972円等。四川担々麺、国産牛オイスターソース、黑酢豚バルサミコ風味といった本格中華料理も用意。

 ランチタイムに食事をした人は、プラス432円でデザートブッフェとドリンクバーが利用できます。中華風ドーナツのカイコウショウ、ほんのり苦い薬草を使った仙草ゼリー、中華風蒸しパンのマーライコー、パイナップルケーキ他、エッグタルトやココナッツムース、タピオカミルク、マンゴープリン等が日替わりで約10種類並びます。食パンを油で揚げてピーナツバターを掛けた、話題の香港式フレンチトーストが登場することも。

 午後5〜10時のディナーは、40種類のこだわり点心の広東式春巻きや肉まん、お粥から、エビチリや麻婆豆腐等の中華、北京ダックやフカヒレ姿煮等の高級中華までずらりとそろいます。

 個室、レストランホール、ラウンジエリアがあり、席数は100席以上。コースメニューも充実しており、大人数での宴会・パーティーにも対応できます。

フォトジェニックな点心 3種は花やひよこの形が 見た目に可愛い点心

 9月30日まで「ショッパーを見た」と言って食事をした人を対象に、ビール中ジョッキが半額の324円に。さらにひよこの形をしたピロシキのハムスイコー、花の形のエビ蒸しギョウザ、緑色がきれいなホウレンソウ餃子のフォトジェニックな点心3種864円相当をサービスします。


2018年8月24日

個性的な御朱印帳を手作り 母智丘神社

 神社や寺院に参拝したときに、社務所でご本尊名や社名を墨書き、朱で押印してもらう御朱印集め。自分だけの思い出のページがつづられる御朱印帳を作るワークショップが開かれています。自分用の御朱印帳なら、いっそう愛着がわき、御朱印集めも楽しくなりそうです。

9月30日と10月27日
御朱印帳ワークショップ

さまざまな和柄の布をつかって作る作り手の個性が光る御朱印帳

 御朱印帳は和柄の布製の表紙に、内側が和紙のジャバラになった11×16㌢のサイズが一般的。
 町田市原町田5の12の11、母智丘(もちお)神社(電042・722・5436)では、御朱印を受ける人が増えたことをきっかけに、御朱印帳をつくるワークショップを開いています。

布を切ったり、のりで貼り合わせる 簡単な作業なので子供も参加可

 作り方は、和紙を折り畳んで本文紙を作り、表紙部分は十種類以上の布地から選び、台紙にのりで貼り合わせて作る簡単な作業です。最後に御朱印帳の文字を書き貼って出来上がり。自分の好きな布を持参して、世界で一つだけの御朱印帳を作ることもできます。
 出来上がった御朱印帳は、神社でお祓いをして渡します。
 布や和紙、のりの材料やはさみの道具はすべて用意。

中の部分は丁寧にじゃばらに折り畳みます

参加費は材料費込みで大人3500円、子供1500円。定員は10人で、子供だけの参加は不可。前回は好評で、自分専用の御朱印帳を作りたかったという人や、親子で参加した人もいました。
 次回は9月30日と10月27日午後1〜4時に開催用意。参加費は材料費込みで大人3500円、子供1500円。定員は10人で、子供だけの参加は不可。前回は好評で、自分専用の御朱印帳を作りたかったという人や、親子で参加した人もいました。 次回は9月30日と10月27日午後1〜4時に開催されます。

母智丘神社(写真中央)で受けることができる3種類の御朱印

 同社の御朱印は、午前9時〜午後6時、同社と兼務神社である多摩市の乞田八幡神社と山神社の3社の御朱印を受けることができます。1枚300円。秋からは町田七福神の一つ、弁財天の御朱印も始める予定です。


1 / 2012345...最後 »