絢香Acoustic Live Tour 2017-2018 ~3STAR RAW~ コトノハ 絢香

町田・相模原版の記事一覧

1 / 1512345...最後 »

2017年6月23日

朝市で自慢の味をアピール 独逸屋が6月は24、25日に開催

野菜やスタッフお薦めの品も並ぶ

「早起きは三文の徳」ということわざがありますが、朝市は得に出合えそうな場所。定期的に朝市を開催し、朝市限定品を提供したり、新鮮な野菜を販売したりする店があります。来場者の中には“肉好き”の姿も多く見られます。

店先で焼きたてソーセージやホットドッグが食べられるのも朝市ならでは


町田市成瀬台2の2の8、手造りハム・ソーセージの独逸屋(どいつや。電042・721・7401)は、昨年から月1回週末の土、日曜午前9時半~午後1時に朝市を開いています。 1989年の開業以来、地域に密着した店作りを続ける同店が「手軽に店の味を食べて、お客様に喜んでほしい」と始めたもの。素材にこだわり、添加物を最小限に抑えた同店の商品を使用した調理メニューを販売。 続きを読む »


2017年6月16日

お洒落な4人のこだわりを紹介 “お父さん改造計画”の参考にいかが・・・

ファッション楽しみながら自己表現

服装が変化する季節の変わり目は、おしゃれが楽しめるチャンス。6月18日の父の日を目前に、おしゃれな男性をクローズアップします。個性的でありながら、どこか上品なスタイルは〝お父さん改造計画”の参考にもなりそうです。

☆アドバンスパソコンスクール代表の小林雄介さん(相模原市南区相模大野5の27の18。電042・747・0372=相模大野教室)

学生時代にラグビーで鍛えた厚い胸板が、初夏を思わせる涼やかなジャケットを、よりさわやかに引き立てます。テーマはビジネスカジュアル。自分の体形に合う服を追求し、シャツとパンツもオーダーメード。スタイルによって替える眼鏡や時計もこだわりの物ばかり。隙が無いように見えますが「ジャージの日も」と茶目っ気も。4人の子供達からの「父の日の手紙は飾っています」と、にっこり。夏に向け再び鍛え始めた体に映えるファッションを考案中。 続きを読む »


2017年6月9日

雨の日も室内で体を動かし“ロコモ予防”  イオンスポーツクラブ相模原店

目的に合わせたプログラム用意

最近よく聞くロコモティブシンドロームとは、筋力や関節の機能が低下し、日常生活に支障をきたすこと。体が動かしづらくなると、自分で靴下がはけない、足の爪が切れないだけではなく、転倒の危険性も大きくなります。すっきりしない天気が続く梅雨の時季だからこそ、室内でできる運動で“ロコモ予防”をしましょう。

バランス感覚や体幹、腹筋を鍛えるロコモ予防プログラムを用意するイオンスポーツクラブ相模原店


古淵駅南口側の国道16号線沿い、イオン相模原店3階にあるイオンスポーツクラブ相模原店(電042・769・7588)には、さまざまな目的に合わせたレッスンプログラムがあります。心身の健康を保つために幅広い年代の人が通い、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)予防やストレッチビクス、骨盤体操のレッスンも好評。 続きを読む »


2017年6月2日

街道に見る町の歴史 ~絹の道をたどる~

今も各所に当時の面影が残る

八王子から町田を経て横浜港へと続く通称「浜街道」は、別名「絹の道」とも呼ばれています。明治時代、良質の生糸を海外に出荷する商人たちが往来し、原町田周辺は大いに賑わいました。ギリシャ・トロイ遺跡の発掘者として知られるシュリーマンも、幕末に通ったという日本のミニ・シルクロード。養蚕業で栄えた当時の面影を求めて、その一部を紹介します。

案内は、町田市観光コンベンション協会のまちだ観光案内人、荒井仁さんと山本進さんです。


札次神社と蚕種石

■絹の道碑

生糸集積地であった八王子と、開港地横浜を結ぶ中継点である町田市原町田は、山と海の産物が取引される「二・六の市」の開催地として発展、現在の原町田商店街の基礎となりました。原町田中央通り、町田商工会議所前に、二・六の市の碑があります。 続きを読む »


2017年5月26日

不思議な魅力の多肉植物 神奈川県立相模原公園内カクタスガーデン

寄せ植え教室で育て方を学べる

毎日水をあげて日々の成長を楽しむ植物と異なり、それほど手間をかけずに、生活に彩りを添えてくれる多肉植物は「癒やされる」と根強い人気。手のひらにのるような小さなものから大型のものまで見ることができる屋内型の熱帯植物園が、近隣にあります。

天気に左右されずに小型から大型の多肉植物やサボテンが見られます


相模原市南区下溝3277、神奈川県立相模原公園(電042・778・1653)内にある大温室、サカタのタネグリーンハウスには東南アジアの熱帯雨林の雰囲気が味わえるトロピカルガーデンの他に、約150平方メートルのエリアにサボテンや多肉植物が展示されるカクタスガーデンがあります。 続きを読む »


1 / 1512345...最後 »